COLUMN

大鯛求め大原テンヤマダイ

こんにちは、宮本英彦です。

外房の大原新幸丸さんへテンヤ真鯛に行ってきました。
と言うのも、この前日に7.8kgと言う大鯛が上がったと言う情報が入ったからです。

当日の釣り座は右舷大ドモ。

タックルは、
テスト中のプロトロッドにステラC3000XG・PE0.8号にリーダー2.5号。
最初のポイントが水深25~30mの為、ビンビンテンヤ鯛夢5号のチャートリュースゴールドフレークからスタート。

軽く後方にキャストし、リフト&フォールで船下まで狙うとアタリが出ましたが乗せれず、そのままアクションを続けると、2度目のアタリがあり、これはフッキングが決まってキロ弱ですが幸先良く綺麗なマダイです。

次も同様に後方にキャストしてからのリフト&フォールで全く同じアタリ!
でも乗らずに2度目のアタリ!!
・・・も乗らずに3度目のアタリでフッキング成功(笑)

更に同じ釣り方で3枚釣ることができました。

この釣れたタイミングは潮の影響でラインが水中でU字になってしまう為、アタリがボケてしまいがち。

しかし、こういう状況だと鯛夢は本当に強いんです。

ビンビンテンヤ鯛夢のフロントヘビー形状とタングステン素材のおかげで、他のテンヤよりも圧倒的に沈下速度が速く底取りがし易いことから糸フケが出にくく、アタリを取りにくい状況でもしっかりとアタリを感知しフッキングすることができました!

その後は、ゲスト数枚に大型根魚と青物のバラシのみで本命マダイからの反応はありませんでしたが、まだ大鯛のチャンスはありそうなので、足繁く通ってみようと思います。

<< >>