COLUMN

ワームがズレ難い! アジング用ジグヘッド

アジング用にジグヘッドをリリース

アジング用のアイテムに待望のジグヘッドが加わります。

スイスイスイムジグヘッド
キビキビダートジグヘッド

シンプルな仕掛けではありますが、初級者から上級者まで、だれもが手にするのがジグヘッドです。
夜、現場に立った時を思い浮かべると、一番に思い浮かぶのは“使いやすさ”ですよね。

まずご紹介させていただくのは、このオリジナルフックです。

ワームの泳ぎを妨げないショートシャンク(短軸)設計。

ペケリングやアミアミなどの太いワームでも針先がしっかりと出るようにワイドゲイプ(幅広)にもなっています。

ワームがずれにくい!

使いやすさのポイントとなるのが、この“角”です。

この角は、セッティングしたワームがずれ難いように設計されています。
気づかないうちに、ワームがズレていた・・・
なんてことはございませんか?
フックの形状でワームのズレは軽減できます。
ちょっとした形状の違いなのですが、少しでも快適に手返し良く釣りができるよう細かく調整されたこだわりポイントです。

スイスイ スイムジグヘッド

アジングではカーブフォールを主体としたスイミングの釣りが一般的です。
シンプルなラウンド系ジグヘッドは、
適度に水を受けながら引き心地を感じやすい設計になっています。
ペケリングやアミアミといった、元々波動の強いワームとのコンビネーションを考慮して、ヘッドサイズ別に、強すぎず、弱すぎずの水流抵抗でデザインされています。

キビキビ ダートジグヘッド

デイゲームになかなか釣れないアジの群れを攻略するとき、夜間でも常夜灯周りのアジングでは、鋭いダートアクションで誘うとアジの活性がみるみる上がってくることがあります。
そのようなときに必要になるのがダート専用形状のジグヘッドです。
糸を結ぶ“アイ”と呼ばれる部分が、オモリの後方にあるのがキモです。
名前の通り、キビキビと左右に飛んでくれます。
ワームもキビキビナーゴやデカキビナーゴと組み合わせると、ダート幅も広く快適です。
最初は、このセットでのご使用がオススメです。

作業がし易いヘッド形状

どちらも側面が平らな形状をしています。
ちょっとした掴み易さで、冬場の夜間。手袋をはめた状態でも作業しやすく、
また、釣り上げたアジからジグヘッドを外しやすくなります。


意外と多いのが、針を外す時に針を曲げてしまったり、折ってしまうことです。

ジャッカルのジグヘッドで、
快適なアジングをお楽しみください。

<< >>