COLUMN

タチウオゲームが本格的に!

東京湾タチウオゲーム

皆さんこんにちは吉岡進です。
仲間と一緒に東京湾でタチウオを狙って来ました!

もちろん東京湾でも大人気のアンチョビメタルシリーズに、今回はアンチョビドラゴンテンヤも持参し、状況に合わせて使い分けながら東京湾でテンヤが出来たらと企んでいました!
序盤は、100メートル以上となる深場や潮が速い状況もあり、アンチョビメタルTYPE1.そしてアンチョビメタルTYPE3を使い、ピッチの早いアクションで素早く層を広く探りタチウオをキャッチ☆

そして終盤、水深60メートル程のポイントに移動。
ここは潮も緩いため、これはテンヤの出番と、アンチョビドラゴンテンヤを投入☆
餌はイワシを装着し、アタリ棚をネチネチと誘っていると、下から突き上げるアタリ!
すかさずラインを巻き取りフッキング!

やはりこのタチウオテンヤのアタリがあってからアワセるまでのプロセスがたまらなく面白い☆
東京湾でもタチウオテンヤが楽しめました☆

広島タチウオ取材でも即掛けver.でドラゴン

そして、別日に行われたレジャーフィッシングの取材!
向かった先は尾道市生口島垂水港から出船する「秀丸様」。

ここでもまずはアンチョビメタルTYPE1で広く探り、タチウオの棚が分かればTYPE2!
アタリが止まるとTYPE3で繊細に。
そして棚がぼやけたり、魚の反応が悪くなったと感じたらとTYPE-ZEROとアンチョビドラゴンテンヤ即掛けver.と言った具合に使い分けが見事にはまりました☆

この詳細の模様は『レジャーフィッシング』に掲載となりますので、是非ご覧下さい!!

<< >>