お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

第21回トラウトキング選手権大会地方予選TIMON CUP/瀧澤真一プロ レポート

皆さん、こんにちは!
TIMONプロスタッフの瀧澤真一です。

先日、東山湖フィッシングエリア様で行われた第21回トラウトキング選手権大会地方予選TIMON CUPに参加してきましたので、その時の模様をレポートいたします。
毎年、東山湖フィッシングエリア様で行われているTIMON CUPですが、エキスパート残留時は大会の運営サポートと参加選手の応援や見学などで、選手として参加する事はありませんでした。
ただ、今年はエキスパート残留選手も参加可能という事と、私も久しく大会から遠ざかっていた事もあり、
「今年は是非とも選手として参加してみよう!」
と思い参加させていただきました。


当日は、数日前の冷え込みから、エリアの水がターンオーバーしている状況で、場所によっては水面に無数の泡が浮いているなど、決して簡単な試合ではない事が予想できます。
開催の2週間前に練習する事ができましたので、大会当日は、その時の感触を元に作戦を立てました。
その作戦は、太陽が顔を出す前まではブングで手前のかけ上がりを狙い、日が出てからは、クロボールやダートランなどを使って、ボトムを攻めるというもの。
日が当たり始めると、渋い状況下でもバイトが増えて来ると思っていたので、今回は東山湖の中でも早めに日が当たり出す、東名情報のあたりをスタート場所に考えました。

予選前半

当日は作戦で狙っていた場所である、最も早く日が当たり出す、東名情報のAエリアの端(Bエリアとの境界線)付近に入る事が出来ました。
釣り場に到着して、ポイントを確認すると、なんと水面に無数の泡を発見。
対岸のAエリアの大会本部側ではここまで泡がなかったので、東名情報側の方が水は良くなさそうに思えました。

スタートの合図と共に、まずは様子見として、いつものティアロ1.6gで一旦ボトムを取って巻き上げから開始しますが、触りもない感じだったことから、2、3投で見切り、すぐに作戦通りブングにチェンジします。
しかし、思っていた以上にターンオーバーの影響が大きく、0.6gのブングが全然沈んでくれません。
このままでは効率が悪いと判断し、すぐにプラで調子の良かったダートランにチェンジしました。

魚の活性が低いのはわかっていたので、派手にアクションさせる事なく、細かいシェイク巻きで誘うと、ようやくファーストヒット!
慎重に寄せてきて、さあランディングとネットを出したら、何とネットの裏側にフロント側のフックが引っ掛かり、魚がネットに入らないというアクシデントが発生。
どうしようかともたついている間にフックが外れ、バレてしまいました。
先に言ってしまいますと、今思えばこれが決勝進出を逃す貴重な1匹だったのです。

しばらくダートランのシェイク巻きで粘りましたが、なかなかバイトが出なかったため、私の中でメインに考えていたクロボール2gのタッキーゴーストペレットにルアーチェンジ。

デジ巻きやシェイク巻きなどでポツリポツリとバイトを拾い、途中デカブングも交えながら釣っていきました。

予選開始20分位まではほとんどバイトが出なかったため難しい局面が続きましたが、その後は読み通り、日が当たり出してくるにつれバイトが増えたため、前半トータル7匹でフィニッシュとなりました。
グループ内トップが8匹との事だったので、まずまずの釣果で前半を終えることができました。

予選後半

作戦では、後半も富士山側(対岸)に入る予定でしたが、前半に釣りをした感じだと、これならまだターンオーバーの影響が少ない受付側でやった方がいいのではと考えなおし作戦を変更。
2週間前にプラをした場所であるオーバーフロー横が空いていたので、後半はそちらに入る事にしました。
ここでも前半に良かったクロボール、ダートランのボトムの釣りをメインに釣っていきました。

この場所の特徴としては、魚影は濃いもののスレている魚が多いという印象。
そのようなときに、魚に口に使わせるよう心掛けていることは、地味な誘いをすること。
派手な誘いよりは、ずる引きや細かいシェイクなどが有効になりますので、そういった事を意識しながら、予選前半で調子の良かったクロボールをメインに釣っていきました。

結果、予選後半は6匹ネットインする事ができ、私はトータル13匹でフィニッシュとなりました。

さて、予選の集計が終わり、ついに結果発表。
私のグループでは予選通過ラインが14匹という事で、惜しくも1匹足らず、決勝に上がる事が出来ませんでした。
やはり前半の最初の1匹のミスが響いた結果となりました。

ということで、以上が、今回の私のティモンカップの模様となります。

なお、今回は初めての試みとして、GoProを装着して大会に参加いたしました。
その時の模様の一部を動画でもご紹介させていただきますので、こちらもぜひご覧下さい。

最後に、入賞され、エキスパート戦の権利を獲得した皆様、おめでとうございます!
参加された選手の皆様、東山湖フィッシングエリア様、運営のスタッフの皆様、ありがとうございました!