お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

第21回トラウトキング選手権大会地方予選TIMON CUP/杉山代悟プロ レポート

皆さんこんにちは。杉山代悟です。

先日、東山湖フィッシングエリア様にて行われた、第21回トラウトキング選手権大会地方予選TIMON CUPに参加いたしました。
今回は初の試みとして、GoProをつけての参加となりました。
その時の模様は、また後日アップされますので、楽しみにしていてください。

では、当日の模様をお伝えさせていただきます。

予選前半

A組前半ドロヤナギに入ったアングラーがスプーン巻きで8本前後と情報があったため、自分も同じドロヤナギに入りティアロ1.9gからスタート。

最初の何投かは当たりが出て幸先良く2匹キャッチしましたが、後が続かず1匹追加のみでタイムアウトとなり、前半3匹で終了しました。
これは、ティアロの巻きにこだわりすぎてしまったことが原因です。
周りはダートランやタップダンサーを使ったボトムの釣りで釣果を伸ばしていましたが、最初に2本釣れたこともあり変に巻きにこだわってしまったことで数を伸ばすことができませんでした。

予選後半

予選後半はハンドルエリアにエントリー。
A組前半のパートナーが同じ場所で9本キャッチしていたのもあり、同じポイントに入りました。

結果から申し上げると、後半はスプーン巻きにこだわらず、当たりが出る釣りにシフトし、タップダンサー、ダートランを使い11本キャッチ。トータル14本でトップタイで予選通過することができました。

予選後半はボトムバンプで探るプランでしたが、風で糸が流されてしまうような状況でした。
そのため、風がないタイミングはボトムバンプ、風が吹いたタイミングはデジ巻きと、動きに変化を加えながら飽きさせない様に釣っていたのが効果的だったようです。

今回の理想のアクションは、ボトムバンプをした際に、タップダンサーやダートランの頭がピョコンと3〜5センチ程浮く程度の動きでした。
その動きを再現するために、風が無い時はロッドを動かしてアクションをつけるのですが、風が出てきたタイミングでロッドを動かすと、風にラインが引っ張られてアクションさせすぎてしまうため、デジ巻きで対応することにしました。
この時、デジ巻きのアクションは、1cm程度ルアーの頭が上がるイメージです。

この風が吹いたタイミングのデジ巻きと吹いてないタイミングでのバンプの動きの違いもあって魚がスレることなく連続ヒットしたのだと思います。

はじめに使っていた62MのロッドにPEを組み合わせたタックルに途中トラブルがあり、プロトのロッドの55ST(ソリッドティップモデル)にエステル0.4号を組み合わせに変更したところ、こちらのタックルがハマったことで、後半はバラシもほぼ無くフィニッシュすることが出来ました。

この理由としては、まずPEは水面に浮き風に流されることから、自分がイメージするよりもルアーが動いてしまいがちです。
ここで、エステルラインにする事で水に糸が馴染み、あまり風の影響を受けなくなることから、自分が想像しているバンプとデジ巻きの動きを再現しやすくなりました。

また、ショートバイトが多く、PEの時はバラシが多かったですが、ソリッドティップとエステルラインを組み合わせることで、食い込みが良くなり、バラシを減らすことができました。

カラーもかなりシビアで、自塗りのカラーを使っていたのですが、こちらも効果的だったようです。

決勝

決勝前半

ティアロの巻き、タップダンサー、ダートランのボトム、パニクラMRなどいろんなルアーを投げましたが、唯一当たりがあったのはパニクラMRのみでした。
ただ、その当たった魚もバラしてしまったため、決勝前半は0で終了となりました。

決勝後半

予選で同じ場所に入った選手がティアロの巻きで爆釣していたという情報をチラッと聞いたので、とりあえずティアロ1.9gのダイゴグリーンボーからスタート。

フル遠投し、そこから巻き始めて3回転以内に良い当たりがあり、立て続けに2匹キャッチすることができました。
ここで、カラーをダイゴマイトIIにチェンジし、さらに1匹追加。
その後アタリが無くなったため、先ほどまで沖のアタリが多かったことからティアロ3.8g使って、さらに遠投して狙ってみるも不発。
最後の最後でティアロ1.9gに戻し、一匹追加追加すものの、決勝4匹で6位タイという結果となりました。
決勝は巻きにこだわった方が数を伸ばすことができたかもしれません。

今回、東山湖フィッシングエリアでのTIMON CUPの地方予選への参戦は初めてでした。
自身のホームでもあるエリアであったため、非常に楽しみにしており優勝を狙っていましたが、当日は非常に渋く、難しい局面が多かったです。

最後に、参加された選手の皆様、東山湖フィッシングエリア様、運営のスタッフの皆様ありがとうございました!
やはり、東山湖での大会は楽しいですね。