お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

BSXS-C511SULの応用力

激流ぅー、爆流ぅぅぅううう♪ 鯛ラバ大好き、田中亜衣ですっ。

皆さま、お待たせしました!

ビンビンスティックの新シリーズ
「エクストロ」
ようやく発売となりました♪

長い時間お待たせしちゃってゴメンナサイッッッッッッ!

このビンビンスティック・エクストロですが、極細のカーボンコアに肉厚のカーボンシートを巻きつけるという独特なブランクスを使うことで、頭の中で思い描く細かなセッティングをデザインすることができる、まさに真鯛を獲るための「理想」を各モデルに詰め込むことができました。

“ビッグレッドの暴力的なファイトでも極細ブランクスでしっかりいなす”

と言うエクストロの特徴は、正に私のホームである「内海」で活きるロッド。

近年、鯛ラバファンも増え人為的プレッシャーを避けては通れない内海での釣りは、
船の直下を狙うバーチカルは勿論なのですが、ドテラの釣りでも繊細なゲーム展開が必要となりました。そのハイプレッシャーな中で、今までに獲れなかった真鯛を確実に攻略するための5アイテムです。

今回はその中の1本、BSXS-C511SULを少し掘り下げて紹介してみようと思います。

このロッドは尖ったスペックのエクストロシリーズの中では、バーサタイルな優等生。
小さなフックを上手く掛けてくれるしなやかなブランクスと5,11ftという短さで得た感度、そしてその細さから想像ができないくらいのバッドパワー…
そんなBSXS-C511SULなのですが、アタシは内海だけでなく「外海」いわゆるディープドテラの世界でも使う場面があります。
外海で水深の何倍もラインを出し300、400メートル先の真鯛を狙う…
そう言ったイメージのあるディープドテラも潮の流れもなく風もない日には、ラインの角度もバーチカル気味になります。そのような時、真鯛の活性は低い場合が多く、大胆な釣りでは見向きもしてくれません。
そんな時こそ、「BSXS-C511SUL」の出番です。

ディープドテラにも使える懐の広さ

潮の流れも対して速くないこのような状況で低活性の真鯛を上手く誘うことは、過密エリアでもある内海での釣りが役立ってきます。
具体的にはBSXS-C511SULにパワーギアのリール、ヘッドはシルエットの小さなタングステンでウエイトは水深によって変えますが、普段のディープドテラより軽いものがいいと思います。
BSXS-C511SULの独特のティップからベリー、そしてバットへと繋がる柔らかなベントは低活性時の真鯛にとってバイトした時に違和感を与えることなく真鯛がルアーに追従し続け、アタックする度に真鯛の中でスイッチが入りフックアップのタイミングを作ってくれるのです。


釣れない状況で釣るための道具
本来の姿(内海向き)ではないシチュエーションでも、その尖ったスペックのおかげで使うシチュエーションがあります。
このように特化したモデルならではの使い道…
皆さんも是非手に取って体感してみてください。

また、他のエクストロの各モデルにつきましては、おいおい話していくんでお待ち下さいませ♪

それでは皆さま
良い釣りを…

″BinBinStick EXTRO” 鯛ラバモデルの解説 (ビンビンスティックエクストロ)