お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

ふたつの″i″をどう使う?注目のi字系ルアーの使い分けを考える

2020年、ジャッカルから新製品として、ふたつのi字系ルアーが登場しました。

ハードルアーの”NAGISA 65SP/ナギサ65SP”とソフトルアーの”i Shad Clio/iシャッドクリオ”は、共にi字系ゲームのオーソリティである加藤誠司プロによって開発されたもので、これまで培った長年の経験と知識を盛り込んだ意欲作です。

今回は注目のi字系ゲームに関して、この2つの使い分けをご紹介しましょう。

 

ルアーにお仕事させることで、さらに釣りに集中できる

まず、最初におさらいとしてi字系ゲームの基本をまとめたコラムをご紹介します。

参照:i字系ゲームの真実 〜i SHAD CLIOを徹底分析〜

 

簡単にまとめると、透明度の高いフィールドで水面があまり荒れていない状況で効果のある釣法で、アユやワカサギを代表する小魚をメインに捕食している状況で効果を発揮します。透明度が高くて穏やかな状況は、バスから人間やルアーの存在がはっきり見えるため非常に釣りづらい状況ですが、そんな中で神経質なビッグバスを攻略するテクニックとして注目を集めています。

 

バスに違和感を抱かせないために、不自然な動きは極力排除することが重要。開発時に加藤プロが口にしていたのは”ルアーにお仕事をさせる”というキーワードでした。ほんの少しのアクション乱れによって見切られてしまうi字系の釣りにおいて、警戒心を抱かせないための”静”のアクションを演出するのは非常に難易度の高いものですが、その課題をルアーの性能でカバーする様に設計したのが、iシャッドクリオナギサ65SPなのです。

 

その結果として、アクションの安定感やセッティングの難易度を下げることで、経験が少ないi字系ゲーム入門者でもメリットを体感できるようになったり、上級者においては負担が減り、集中力を切らさずに釣り続けられることが可能となりました。まさに、ルアーがお仕事をすることによる最大の恩恵はアングラーがより釣りに集中出来ることなのです。

 

まずは探すのか?食わせるのか?

まず、同じi字系ゲームに対応するiシャッドクリオナギサ65SPについて、使い分けは特性を活かし”サーチベイトのナギサ65SPを、食わせ重視のiシャッドクリオを基本と考えます。もちろん、様々な考え方がありますが、まずはこれを基に試していただくのが最も理解していただけることでしょう。

 

サーチ能力に優れるNAGISA 65SPは入門にピッタリ

キャスティングの飛距離とアクションの安定性、そしてチェイスしてきた時に見切らせない一瞬のアクションのキレが秀逸なナギサ65SPは、i字系ゲームを始めたい方が最初に使っていただきたいアイテム。水面直下を一定速度でアクションが乱れない様にリトリーブすることが重要です。

また、風や水流でラインが流されることでルアーが引っ張られて不自然なリトリーブコースになることを避けるために、ライン全てを水面に着けず、45度程度の位置にロッドを構え、ラインに少しのたるみを出した状態の姿勢でリトリーブをしていただくと良いでしょう。

 

食わせのアドバンテージ、iシャッドクリオ

一方のiシャッドクリオナギサ65SPと比較すると操作法やセッティングに慣れが必要ですが、抜群の食わせ能力でビッグバスに口を使わせるための切り札的存在としてのマストアイテムです。

iシャッドクリオのポテンシャルを引き出すには正確なセッティングでマスバリ/オフセットフックのいずれをセットする場合でも前後左右から確認してまっすぐにセットすることや、結び目の切れ端もリトリーブ時の抵抗にならないように短く切っていただくことが重要です。まずは足元でショートキャストしてアクションのチェックや最適なスピードを目視して理解することが上達の近道です。

ちなみに、加藤プロはサーチベイトとして、ナギサ65SPを使用すると共にiシャッドクリオのアピール系カラーであるサイトチャートゴールドを使用し、バスを見つけた際の食わせにはナチュラル系カラーにローテーションする方法も取り入れています。

 

タックルの基本セッティング

ロッド:6.3〜6.8ft UL〜Lパワー スピニングロッド

リール:#2000〜#2500スピニングリール(コンパクトタイプ/ハイギアが便利)

ライン:フロロカーボンライン 3〜4lbs

フック:マスバリ#6〜#4、オフセット#2〜#1(3.5インチ)

            マスバリ#4〜#3、オフセット#1〜#1/0(4.1インチ)

*フック表記はメーカーによって異なります

参照:加藤プロ セレクト

ロッド:POISON ULTIMA 264UL(JACKALL X SHIMANO)  など

リール:ステラ or ヴァンキッシュ C2000HG/C2500HG(SHIMANO)

ライン:Red Spool(フロロカーボン) 2.5〜4lb

         PE0.4号+ Red Spool(フロロカーボン)5lb(飛距離重視)

フック:マスバリ#1〜#3、オフセット#1〜#2(フック表記はメーカーによって異なります)

ぜひ皆さんのビッグバス戦略のひとつとして、i字系ゲームと共にiシャッドクリオとナギサ65SPによるエキサイティングなバスフィッシングをお楽しみください。