お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

御殿場釣具センタールアーin東山湖参戦記

 2006年を締めくくる最後の大会として12月24日の御殿場釣具センター主催の大会に参加してきました。

毎年この大会は、非常にレベルの高い大会として有名で、当日も受付で出場者リストを見ると、約60名の参加者中、各メーカーのテスターをはじめ、トラキンエキスパートの方々がズラリと名を連ねています。ハイレベルな争いが繰り広げられる事が容易に想像出来ました。この大会、ここ数年間は予選、決勝方式がとられてきましたが、今年はルールが変更され、エリアを限定し5時間の総匹数で勝者を決める事になりました。

大会は、ワーム・フライ・トレーラーの禁止、エリア内の場所移動自由という最近では比較的ルールの緩い長丁場の大会なので、各選手の引き出しの多さが試される事になります。

期待と不安の中、朝6時30分、大会がスタートし、各選手が思い思いの場所に散っていきました。

 天候は晴天、無風。さすがに朝は冷え込みがきつく、ガイドが凍ります。私は、ほぼ放流地点の対岸にあたる、限定エリア内の左隅付近に入りました。前日放流された魚が回って来ている事を期待して…。

スタート時はうす暗く、確認出来なかったのですが、明るくなって水面を見ると、無数の泡が発生しており、水質はあまり良くないようです。ライズもほとんどなく、かなりのタフコンディションが予想されました。

ウィル1.3gピンクを結び、第1投。着水と同時にミディアムリトリーブするといきなりヒット!慎重に寄せ、無事キャッチに成功しました。幸先良いスタートです。きれいなコーホーでした。

その後、連発は無いものの、ウィルのカラーローテーションでポツリポツリと釣れていましたが、太陽が完全に昇った頃からバイトが遠のき、釣れない時間が流れ始めました。

そんな時、後ろからトラキンマイスターのA氏が声をかけてくれ、釣果を聞くと、16匹との事でした。その時点で私の釣果は8匹と、倍の差をつけられています。すると、A氏が私から少し離れた場所に入り、釣り始めたので暫く釣り方を観察させてもらいました。どうやら、得意のボトムを攻略されているようで、ボトムバンピングというよりは、ロッドを固定し、リールのハンドル1回転を数回に区切って巻く、通称《デジ巻き》をされていました。そして、たて続けに魚を掛けています。「さすが~!」と感心していると、A氏が元の場所へ戻っていったので、私も試してみる事にしました。

イメージとしては、ボトムのズル引きで、STOP&GOを入れるといったところでしょうか。最近、ボトム攻略で好釣果をあげている、ティアロ1.6gブラウンを結び、遠投しボトムをとってリズム良く釣り始めました。すると、遠のいていたバイトが出始めました。「よ~し、ここからだ!」と気合を入れ直し、残り時間をこの釣法に掛けてみる事にしました。1.5g前後のブラウン系のスプーンをローテーションし、大会終了までコンスタントに釣れ続きました。そして38匹釣ったところで大会終了となりました。

 私が釣っていたポイントは、検量場所からもっとも遠く、私が到着すると検量待ちの長蛇の列ができていました。

様子をうかがうと、やはり予想通りタフコンディションだったようで、5時間という試合時間にもかかわらず、皆あまり魚を持っていません。そして、私の番がまわってきて、魚を数えてもらうと、38匹はその時点でトップとの事でした。

やはり、後半他の選手が苦戦している間、コンスタントに釣れていたのが良かったようです。そこへ重そうに魚を抱えたマイスターA氏が検量にやってきました。前半のハイペースを見ているだけに、とてもかなわないと思っていると、何と私と同じ38匹との事!結局、私とマイスターA氏が同匹数でトップとなり、2人で1匹早掛け勝負を行い、勝者を決める事になりました。既にタックルを片付けていた私は慌ててセッティングし、他の選手の方々が見守る中、2人の決勝戦が始まりました。

  A氏はボトムダンス、私は「ここ1番!」という時、頼りにしているティアロ1.6gオリーブでボトムからの巻上げパターンです。

緊張とプレッシャーからリトリーブする手が震えていました。しかし、3投するも反応がありません。1匹勝負なのでカラーチェンジしている余裕もなく、もう1本用意してあったボトムセッティングのロッドに持ち替えました。ボトムの達人A氏にボトム勝負を挑むのは分が悪いと思いましたが、後半はこの釣法で通したし、負けても仕方ないという開き直りの気持ちで投じた2投目、手前のかけ上がりにさしかかった所で、ボトムから跳ね上げたスプーンで弛んだラインにかすかな変化が!

すかさず大あわせを入れると確かな手ごたえが伝わってきました!後は無我夢中でリールを巻いた事しか覚えていません。気が付くと私のネットの中で元気なレインボーが躍っていました…。

使用タックル:1
ロッド:ufmウエダbws510t ライン:ナイロン3ポンド
リール:ダイワtdz-2004c リーダー:フロロ0.4号
使用タックル:2
ロッド:infinityバンブーロッド5.3ftプロトタイプ ライン:フロロ1ポンド
リール:シマノバイオマスターmg1000pgs
ルアー:ウィル各サイズ各色、ティアロ1.6g各色、ウイーパー、ナウスほか