お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

東山湖釣行レポート

 12月某日、雨宮英樹氏と静岡県御殿場市にある東山湖フィッシングエリアでイトウを狙いました。

東山湖は周囲800mのルアー、フライ専門釣り場。単独の池では全国屈指の大きさであり管理釣り場としては老舗中の老舗です。

我々30代40代、三平くんの世代の心を一気に鷲掴みにしたイトウを(メーター級を含む)冬期は毎週100kg以上放流し、他の大型トラウトも10tトラックで搬送しています。(レインボー80UP、ブラウン70UP、岩魚60UP等記録)夢の2mイトウいるかなぁ?

 この日の天候は晴れ、水温7度弱、前日夜半まで2日間雨が続き、冷たく強い風が吹いて水中含有酸素量は豊富になったものの、水温がそれまでに比べ一気に4度も下ってしまったことから、満足のいく釣果が出せるか否か懸念された。

朝6時スタート、朝のマズメは外せない。雨宮氏がトリコロールをフルキャストし、トゥイッチ、グリグリ、ジャークとルアーアクションと、リトリーブスピードに変化を加え、トリコロールのアピール力を出し切って攻めに、イトウが足元までルアーを追尾して来るものの喰いにまでは至らず、それがしばらく続いた

 10時近く、雨宮氏に1本目がヒット中層より下から出たのか、イトウがルアーを銜え、水面から背ビレが出る程垂直に飛び出し、私の文章力では表現出来ないのが申し訳ないが、強烈なアタックであった。

私はトリコロールのF、SP、Sと北海道遠征でその実力をいかんなく発揮してくれたミディア(プロト)をセレクト。

扇状に1m間隔で切りトリコロールをロングキャスト、各層を念入りに攻めるも他魚種のアタリしかない。

これも日頃の行いのせいか、心の中で女房と子供に懺悔しつつミディアに切り替えた。

1投目、フルキャスト、ただ巻きとアップジャークを繰り返す、ゴッ、ゴゴン。イトウ特有の強いアタリ、同時にロッドが絞り込まれた。

 「神様、仏様、ご先祖様、有り難う御座います。」

興奮のため2度あわせ、絶対に逃さない、走りをいなし、雨宮氏のキャッチから30分程遅れたが、ようやくこの手でイトウを仕留めた。

その後、昼近くイトウの回遊とアタリがピタッと止まった。

夕刻、私がミディアでもう1本、雨宮氏がトリコロールで2本をそれぞれで仕留めて計5本、結果オーライとなった。

帰りがてら、二人で話したが、鏡面仕上げのトリコロールはアピール力がより強く、岩魚、ブラウン等フィッシュイーターに特に有効と思われる。ミディアのアクションはサクラマス、イトウ等マス属のみならず、バス、シーバスへの期待も高いということで話はまとまった。

*****タックルについて*****

我々のタックルはバスロッドとトラウトロッドのヘビークラス、ベイトリールにラインは16~20lbを使用。

管理釣り場といっても、この様な大型トラウトが狙えるエリアは全国的に増える傾向にある昨今、

安易なライトタックルでのミノーイングではキャッチも難しい。

魚の口内にルアーが残り、外れなければ、その魚の死を意味する。

ネイティブであれエリアであれ我々を楽しませてくれる魚に合わせたタックルをしようしたいですね。