お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

宮田基成氏よりレポートいただきました。

犀川での釣果   宮田基成

シーズンも終盤となり雨が降らない日が続いたので、下流では水の流れが悪くなり、フレッシュな魚は期待できないと

判断 し、少しでも流れのある上流を目指した。
入水したポイントでは今年に入り1匹ばらしており、その時のルアーがトリコロールだったので、

今日も迷わずトリコロール83S 金ヤマメをセットした。

入水ポイントから下りながら撃っていくと、ポンポンとヤマメが2匹ヒットしたので、

「今日は活性が高いぞ」と思い、集中して釣り下って 行きました。
すると瀬と瀬の間に鏡となった、いかにも釣れそうな場所が現れたので、 「どこで釣るの?」「ここでしょう!」と

自問自答した後、丁寧にトリコロールをキャストした。

着水後にワンアクションを与えた瞬間、サクラマスがトリコロールを豪快に引っ手繰った。


上流でのサクラマスは、前回寸での所でばらしていたので、丁寧にファイ トして、慎重にランディングに持ち込んだ。

流れの強い上流でのサクラマスとのファイトは楽しく、少し婚姻色が出 てきているサクラマスはとても綺麗で、

その二つを与えてくれたトリコロールには感謝です。
シー ズン終盤は上流での釣りが増えると思うので、トリコロールで釣果が出たらまたレポートします。