お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

いざ、オフショアジギングの世界へ。BamBluz始動

 

   

2019年夏、ジャッカルがオフショアジギングの大海原へ船出します。

ソルトウォーターのルアーフィッシングにおいて、オフショアジギングといえば一、二を争う人気ジャンル。エサとは似つかない金属製のジグにロッド操作で命を吹き込みバイトを誘発、その瞬間に船上にドラッグ音が響き渡り、ロッドを極限まで絞り込む。まさにルアーフィッシングの醍醐味を凝縮したエキサイティングなゲームに魅了されるのは当然の事でしょう。

そんなオフショアジギングに、ジャッカルのエッセンスを加えるとどうなるのか?

 

これまでに培ってきたタックル開発の知識と経験を基に、科学的な検証とアングラーの第五感をフルに活かしたフィールドワークからのフィードバック。それを最短で形にし、再びフィールドで鍛え上げて形にしていくジャッカルスタイルは、何か新しい変化が生まれる予感に心が高揚するアングラーも少なくないのでしょうか?

そんなオフショアジギングにむけて始動したのが” BamBluz / バンブルズ “

第一弾はブリやヒラマサなど青物を想定した、エサとなるベイトのシルエットとアクションに合わせたメタルジグ “BamBluz Jig / バンブルズジグ”をリリース。左右非対称シルエットでフォール時には水平姿勢からのロール+スライドでバイトする瞬間を生み出します。タイプはショートとセミロングの2種類をラインナップしています。

また、バンブルズのポテンシャルを最大限に活かすためのジギングロッドも同時進行中。フィールドで徹底的に鍛え上げられています。

このバンブルズシリーズについては実釣レポートも届いておりますので随時ご紹介いたします。

“ジャッカル本気のオフショアジギング”にご注目ください。