お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

″カバースライド″ で3キロ超えのビッグバス捕獲


皆さんこんにちは、川島勉です。
先日、カバースライド4inchのノーシンカーリグで3キロを超えるデカバスが釣れました。
今、亀山ダムではすっかり有名になったカエル食いのバスを釣るため、
カバースライドが威力を発揮します。
ヤマアカガエルは基本的に水中を泳ぎ回るカエルではなく、陸上をメインに活動するタイプ。
ダムの水面ではほとんど見ることが出来ません。
でもこの時期は春の嵐や水路に流されダムに落ちてしまう個体がいます。
するとダムから陸上に上がろうとします。その動きを演出するとバスの反応が高反応を示します。
上がりたいけどなかなか上がれない感じですね。
 

使い方は岸際の水面に浮いている薄ゴミなどにカバースライドを落としシェイク。
モゾモゾしながら浮きゴミ下に見えなくなったところで、
それ以上沈まないようにシェイク。
すると浮きゴミの上に上がりたいけど上がれないカエルを演出できるのです。
それを他のウエイト一点型の重めなリグを使っていると、
一気にゴミを突き破り食わせどころを通過してしまいます。
落としどころが良ければ着水直後に食ってきますが、
少しズレたらバスはボトム方向まで追ってはくれません。
 

カバースライドの19グラムと自重がありますが、ボディー形状のおかげで一気に沈まず、
ジワジワとゴミを突き破り、
直下で狙い易いカバースライドのノーシンカーリグがハマっているのだと思います。
今回のバスはそんな誘い方で釣れました。
自分は使い方のバリエーションが多いカバースライドが大好きです!
是非皆さんもカバースライドでデカバスを狙ってみてください。