お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

夏の野尻湖 ジグと虫パターンが好調

皆さんこんにちは、プロスタッフの早野剛史です。
毎年恒例、夏の長野県野尻湖ガイドのレポート致します。
今年はセミが非常に多く虫パターンというよりも、
セミパターンが好調でシェイクする釣りに反応が偏っている状況ですね。
“活虫” も風が吹いてゴミが溜まったタイミングなどで好調に釣れている状況です。

具体的には、岸から少し離れたスポットにゴミが溜まっているとスモールが居る確率が高いです。
そういったスポットにはゴミと一緒に虫も流されてきていますからね。
そのゴミがうっすら溜まっているスポットへ投げると「ジュポ」っとスモールがバイトしてきます。
 
虫と平行してジグの釣りも好調で、“ナカタジグ” でも好調に釣れています。


使用しているのは3/8ozと1/2oz。
日によってフォールでやたらバイトが出る日と、
ボトムをスローに探っているとバイトが出る日に分かれますので、
当日の反応を探りながら使ってみて下さい。
夏のスモールは、数もサイズも釣れて楽しめますので是非遊びに行ってみて下さいね。