お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

秋の巻きテキサスパターン

皆さん、こんにちは!
JACKALLプロスタッフ・琵琶湖ガイドの柴田洋生です。

10月に入って気温・水温も一気に低下、秋モード全開の琵琶湖です。今年は台風の影響が多く、例年よりも早い段階でウィードが無いといった状況でバスの居場所がかなり限られているように思います。攻略するには数少ない残りウィードをいかに見つけるかがキーとなり、船団の中でも釣り勝てるアイテムと技術が必要となっています。
そんなシビアな状況の中、マルシェガイドでは【 秋の巻きテキサスパターン 】が絶賛炸裂中!!!

波動の強さで使い分ける


単体のベイトフィッシュをイメージした強波動 “ リズムカーリー ”

ベイトフィッシュの群れをイメージした波動の集合体 “ シザード ”
この2つをその日その時その場所の状況で使い分けて秋バスを攻略しています。シンカーは5g・7gを水深やウィードの高さで変えて、まずはボトムまで完全にフリーフォール。そこからウィードに寄り添うように当てながらゆっくりと巻いてくるだけ。バスからの、コン!っという前当たりを気にせずに巻き続けて完全に押さえ込まれたらフルフッキング!!これが決まった瞬間が何とも言えない快感で、ここに【 秋の巻きテキサスパターン 】の醍醐味が詰まっています。

これから秋が深まるにつれてベイトフィッシュの動きも活発になり、バス達もそれに合わせてどんどん捕食スイッチが入って食欲旺盛に。横の動きへの反応がかなり良好になってくるはずです!
【 秋の巻きテキサスパターン 】はこれからが本番となるので、ぜひ皆さんも試してみて下さいね ♪