お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

霞ヶ浦水系のアフタースポーンは、スローフォールで攻略

皆さんこんにちは、砂押友也です。

今回は私のホームグラウンドである霞ヶ浦水系の岸釣りにおけるアフタースポーン(産卵後)のルアーの使い分けや使い所をご紹介します。

アフタースポーン真っ只中の霞ヶ浦水系を攻略するキーワードは「ノーシンカー」の釣り、いわゆる高比重系ワームのゆっくりとしたフォールアクションがとても有効になってきます。

この時期のバスは産卵行動を終えて体力回復の為に積極的に餌を食べる傾向にありますが、まだ体力を回復しきれていないので、目の前に落ちてきたルアーやゆっくりとした動きに反応しやすくなります。

基本はアシ際や杭等のストラクチャーに落とすだけの単純な釣りですがルアーを使い分けることで更なる釣果アップが期待できます。

 

私が普段使用するジャッカルのノーシンカー対応ソフトルアーは下記の通りです。

【ドリフトクラブ】

マス針を使用したノーシンカーワッキーで投げる事が殆どでサイトフィッシングをする際にメインで使用しています。ゆっくりとした水平姿勢でのフォールアクション、ボトムに着いてからの跳ね上げアクションがこの時期バスが捕食するエビ等の甲殻類の動きにマッチしていて絶対に欠かせない、喰わせルアーです。

 

【ドリフトクロー】

オフセットフックを使用したバックスライドセッティングで主にアシ際やカバーを撃っていく釣りで使用します。水中でのスライド幅が非常に長く、滞空時間が長いのでしっかり見せて喰わせることができます。この釣りが最もシンプルで誰でも楽しめる釣りだと言えるでしょう。

 

 

【カバークローグランデ】

約19gと高比重ワームで対ヘビーカバーを狙う釣りで使用します。ジグでは速すぎる、ぶ厚いカバーをゆっくり誘いたい、他のワームでは入りきらない重なり合ったアシの中を撃っていく釣りで重宝します。ドリフトクロー同様、バックスライドセッティングで使用しています。

 

【カバークロー 3インチ】

バックスライドセッティングでアシ等のカバーをテンポ良く撃っていく際に使用しています。フィネスタックルで扱えるのでサイトフィッシングにもオススメで、爪が開く(フレアアクション)が非常にバスに効きます。

 

この他にもジャッカルには、ノーシンカーリグで使えるルアーがたくさんありますので、

霞ヶ浦水系に限らず皆さんが行くフィールドに合わせて使い分けてみて下さい。