お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

【JB TOP50霞ヶ浦戦最終結果/藤田京弥プロが7位入賞。そして年間暫定首位に】

7/2(金)〜4(日)まで茨城県霞ヶ浦水系で開催されているJB TOP50戦にてJACKALL/ Revoltageチームの藤田京弥プロが決勝単日4位となる2,276gを持ち込み、総合7位でフィニッシュ。同時に年間優勝を争うシリーズランキングにおいて暫定首位に立ちました。

 

藤田京弥プロは増水によるシャローエリア攻略をメインとして、RVラッシュアワー(改造)でのカバー狙いとRVドリフトクロー(ノーシンカーリグ)、そしてリルビル70Fをセレクトしました。

年間のシリーズランキングでは、4月に開催された遠賀川戦の2位に続くシングル入賞というハイアベレージな展開でシリーズをリード。2019年の年間優勝に続いて、2021年シリーズでの連続チャンピオンを狙います。

また、9位:川口直人プロ、17位:横山朋毅プロ、18位:小野俊郎プロで今大会を終えました。

大会の詳細はJB/NBC公式WEBサイトを御覧ください。