お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

霞ヶ浦水系のアフタースポーン攻略はトップウォーターで

こんにちは、JACKALLプロスタッフの馬場拓也です。

梅雨シーズンになり、バスも産卵を終えたり、体力を回復して積極的に捕食をするようになりました。

そんな状況下のバスを狙う上で欠かせないのが、表層系ルアー。

特に今年発売したばかりのピクピクシリーズは霞ヶ浦水系にベストマッチで釣果も出ています。

 

ピクピクはルアーの特性である移動距離を抑えたアプローチに最適で、カバー際の釣りや杭などの縦ストに対してのピンスポットの誘いが得意なルアーです。

狙っているのはフロッグやポッパーで狙っているのと同じ状況のバスですが、ロッドを揺らして軽くシェイクするだけで、簡単にピンスポットの魚に口を使わせることができるピクピクはとても簡単かつ釣れるのです。

 

オススメのタックルセッティングはUL〜Lクラスのスピニングタックル。

飛距離を出したい人にはPEセッティングがトップとの相性も良いのでオススメです。

【Baba’s Tackle】

ROD:BPM-S65L

REEL:スピニング2500番ハイギア

LINE:  PE0.6号+レッドスプールレグナム5lb

まだバスフィッシングを初めて間もない方からトップをやり込んでるアングラーの方まで、満足いただける新感覚トップウォータープラグのピクピクシリーズを是非お近くのフィールドで試してみてください。