お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

藤田京弥の6月攻略法(リザーバー編)

皆さん、こんにちは。藤田京弥です。

前回に引き続き6月のアフタースポーン攻略法を紹介していきます。

今回は水深があるクリアレイク、リザーバーを例に解説します。

 

クリアレイクもシャローレイクや河川同様にエビもメインベイトのひとつなのですが、ワカサギをはじめとしたいろいろな種類の小魚が生息していることが多く、さらにブルーギルの産卵も絡んでくるので様々なエサが存在します。

 

リザーバーは基本的に水深があり、水もキレイなのでシャローだけでなく、人間からは見えない水深3m~4mを回遊しているバスも多いイメージです。

そんなブレイクを回遊するバスを探すのに僕が使うのはRV-BUG3インチの5g~7gフリーリグをオススメします。

具体的には水深3m~4m付近に着底させるイメージで、岸際より少し沖に着水させて、フリーフォールで誘います。

この時にシャッドテールがバタバタと動きバスに気付かせて追わせ、着底と同時に左右の足が抵抗を受けフワッとバグサンがノーシンカー状態になり、追いかけてきたバスが追いついて食いつかせるイメージです。

投げる、フォールして着底させる、ちょっと待ってから回収するの繰り返しなので、テンポよく効率的にバスを探すことができます。

さらにルアーのボリュームを上げたい時はナカタジグ3/8ozにRV-BUG3インチの組み合わせ多用するルアーのひとつです。

そして小魚系を食べているバスにはRV-ドリフトフライ。メインは1.3g前後のジグヘッドにセットしたミドストで、水面付近に見えたバスに対してはノーシンカーワッキー、ボトム付近に見えたバスには1.8g前後のダウンショットにセットしてボトムで一点シェイクさせます。

ドリフトフライをロールさせギラギラさせるのがポイントで、小魚を食べているバスにはかなり効果的です。もし反応がなければエビ系のRV-BUG1.5インチか、カニ系のドリフトクラブと全く異なるシルエットと動きのルアーに変えてチェックして下さい。

そして、シャローでギルを意識しているバスにはやっぱりガンタレルシリーズ。シャローフラットに多いギルネストの周りをうろつくバスや、バンク際に見えたバスに対してゆっくり引き、トゥイッチ、ジャーク、ボトム放置などあらゆる技を試してみてください。

見た目のサイズ感で反応が変わるので、チビタレル、ガンタレル、ギガンタレルの3サイズ使い分けることも重要で、大きいので食わなかったバスが小さいので食ってきたり、小さいので食わなかったバスが大きくしたら食ってきたりと、バスにも好みがあるようなので全て試してみるのがオススメです。

 

アフタースポーンはバスがエサを求めていることが多く、比較的釣りやすい季節なので様々な釣り方で楽めます。特に雨や曇りなどのローライト時はRVクローラーやポンパドールシリーズなどもおもしろいので、エキサイティングなトップウォーターゲームも楽しんでみてください。