お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

藤田京弥の6月攻略法(フラットレイク/河川編)

皆さん、こんにちは。藤田京弥です。

 

6月といえば、全国ほとんどのフィールドでスポーニング(産卵)が終盤を迎え、アフタースポーン(産卵後)のバスが増え出すタイミングです。

 

このアフタースポーンのバスはエサを求めて岸沿いのシャローを回遊していることが多く、食欲がかなりある状態なので、本物のエサに似せるようなイメージのナチュラルアプローチが有効になります。

 

そして6月はテナガエビが接岸するタイミングでもあり、シャローフィールドでメインベイトとになることは言うまでもありません。

 

私の過去の経験では、バスはエビを水面付近に追い込んで食べることが多いので、それを真似て水面~水面直下でエビっぽくフワッと浮かせたり、ピピッとクイックに動かすことを意識したアプローチに実績大です。

 

そんな状況下で信頼しているのは、ドリフトクローのバックスライドセッティング。ノーシンカーや0.3g~0.9gのネイルシンカーをお腹に入れたドリフトクローをカバーやアシ際に静かに落として沈ませるシンプルなアプローチです。

バイトはだいたいフォール中で、ラインが走ることが多いのでラインに注目すると楽しさは倍増します。

 

そしてもうひとつがラッシュアワーの水面高速トゥイッチ。

 

エビがバスから追われて逃げているようなイメージで高速トゥイッチすると、バスにスイッチが入り水面でバイトします。

そして最後の切り札としてバスが見えたらRV-BUG1.5インチのノーシンカーが最強です。

これもエビのイメージなので、目の前に投げてフォール&トゥイッチで誘ってみてください。

梅雨時期の6月はローライト(曇りや雨)な状況が多く、年間を通して最も釣りやすい季節だと思いますので、ぜひフィールドに足を運んで楽しんでみてください。

 

【Kyoya Fujita’s Tackle】

●RVドリフトクロー

ROD:Revoltage RV-C68MH

REEL:ベイトキャスティングリール

LINE:Red Spool 14lb(フロロカーボン)

LURE:RVドリフトクロー(ノーシンカー/0.3~0.9gネイルリグ)

 

●RVラッシュアワー

ROD:Revoltage RV-S65L

REEL:スピニングリール

LINE:PE 1.0号

LURE:RVラッシュアワー

 

●RVバグ 1.5インチ

ROD:Revoltage RV-S61L

REEL:スピニングリール

LINE:Red Spool 4lb(フロロカーボン)

LURE:RVバグ 1.5インチ(ノーシンカー)