お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

産卵後を攻略する2つのトップウォーター戦略

皆さんこんにちは!村上祥悟です。

今回は最近ハマっているアフタースポーンの水面ゲームについてご紹介いたします。

数ある水面系ルアーの中でも特に、RVクローラーとブラストボーンJrの2つは好調。いい釣りができています。

この2つに共通しているのは「移動距離の短さ」。特に最近は梅雨の冷えた雨が勢い良く降り、フィールドへの流入量が一時的に上がったりする影響なのか表水温が安定せずにバスの水面への反応が鈍く感じています。

 

そういう事からも、早く動くものよりもゆっくりじっくり動かせるルアーの方が反応いい様子です。

産卵疲れしているバスは、早く泳ぐ魚よりも移動距離の短いエビなどを好んで食べることも移動距離が短いルアーが効く理由です。ここから回復系のバスがどんどん増えてきたら、ガーグルなどの素早いルアーが効きだすのですがその話はまた今度。

上2つのルアーの使い分けとしては、岩盤や橋脚といったような縦ストラクチャーはよりネチネチ誘えるブラストボーンJrを、2回トゥイッチ/1回ストップのリズムで誘ってください。狭いスポットでもしつこく首を振らせられるブラストボーンJrならでは誘いが効果を発揮します。

また、フラットエリアのように線で探りたい場合は、RVクローラーがオススメ。この時に意識するのは、なるべくラインを水面につけずにデッドスローに引くことです。

そして、使い時は晴天で表水温が上がりやすい日の日陰や夕方の時間帯が狙いめ。逆に冷たい雨が降った後は表水温が下がり水面への反応が悪くなることがあるので、そういう場合は素直にヤミーフィッシュなどの高比重ソフトベイトを沈めるのが良いでしょう。

これからどんどん水面への反応がアグレッシブになるので皆さんもエキサイティングな水面ゲームを楽しんでください!。