お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

新戦力となったTricoroll GT

みなさんこんにちは、金沢の竹内です。

3月26日水曜日、もうすぐ3月も終わろうとしているのに、

未だホームリバーの犀川でノーチェイスノーバイト。

ここ数日は釣果やバラシの情報も多数あり、

もはや、川の状況のせいにする言い訳も通用しません。

 

今日は昨日買ったばかりのTricoroll GTが、

なんとかこの状況を打開してくれるのでは?と期待して川辺へ向かいました。

天気は午後から本降りの雨の予報、テンポよく多くのポイントをまわりながら、

新戦力のTricoroll GTの感触も掴んで行く作戦でスタート。

 

『良く飛ぶな?』が第一印象、九頭竜川等の大河川でもストレスなく使えそう。

ブリブリアクションやトゥイッチ時のド派手フラッシングは、

TIMON FIELD STAFFの藤村氏より聞いてた通りでした。

そういえば半日の釣りでルアーを一度も変更しなかった、

と言うより変更する必要がありませんでした。

 

Tricoroll GTは少し深めのMDだと思いますが、

潜り続けようとしないので、ピタッとレンジが決まります。

ロッドの角度や立ち位置でレンジの変更が簡単にできるため、

そのため深度に合わせたルアー変更が必要なかった。

幅広いレンジで使用可能なので、私のパイロットルアーに大決定です。

 

13:05 午後から予報通り雨が降って来て、

偏光グラス越しでは薄暗く感じるくらい、

入ったポイントは毎シーズン何度か足を運ぶも、釣れた事がないポイント。

選択したカラーは、これまた釣れた事の無いパール系色のパールピンクパープル。

理由は解禁前に犀川現場仲間の忘年会で藤村氏が、

『光量の少ない日は是非パールを使ってみて』というアドバイスを受けた経緯より選択。

ゆっくりロッドでルアーを引いて、その分の糸ふけをリールで巻きとるスローなアクションで、

対岸の緩流帯から助走をつけ、ターンしながら流芯の両脇に付いてそうなサクラを誘う。

 

薄闇の水中をパールピンクパープルが、

「ボワン・ボワン」と鈍重な明減を繰り返しとてもイイ感じ、

7.8投目に流芯にTricoroll GTが入いる瞬間に、

明らかにサクラと分かる金属音に似たガキッとしたあたり、

合わせを入れると水柱がドーンと上がり、1回・2回とジャンプし水面を掻き混ぜるように暴れまくる。

この最初のファイトを何とか耐えた後は、

下流にあるシャローエリアへサクラが自ら移動し、すんなりネットイン。

ありがとうサクラマス、ありがとうTricoroll GT。

 

今まであまり使う事の無かったパール色でしたが、

帰りに行きつけの釣具店で2個追加購入、

Tricoroll GTならたっぷりカラーを揃えても、財布に優しい価格設定もいいですね!!