お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

トラウトキング選手権大会第2戦in開成水辺フォレストスプリングス 参戦記

 トラキンビギナーズ第2戦となる開成戦に参加してきました。

普段、ほとんど県外の釣り場に行くことがない私にとって、ここ開成はオープン当時、1度だけ行った事のある釣り場でした。今回はその時のかすかな記憶を頼りに、あえてプラをせず、ぶっつけ本番で大会にのぞみました。それはプラをした方々から釣れない、厳しいという話しか聞こえてこなかったので、プラをして釣れないイメージを持つよりはいつも釣っているいいイメージのまま臨んだ方が迷うことなく自分の釣りが出来ると思ったからです。

当日朝、開成に着いて池を一周してみると、見えている魚が予想よりはるかに大きいではありませんか!?フロロ1ポンドを巻いてきた私は、これを1ポンドで獲るのは無理と判断し、慌てて一緒に来ていた同モニターの杉山君に手伝ってもらい、1.5ポンドに巻き換えました。

そして約200人の参加者の頂点に立つべく大会がスタートしました。

【1回戦】

1回戦は抽選の結果、特に渋いと言われていた3号池で釣りをする事になりました。後半のB組を引いた私は、前半の方々の釣りをじっくり観察させてもらいましたが、事前放流の効果もほとんど見られず、前情報通り激渋の状態でした。私の組の前半組の方は0-0という結果でした。

そして私の組がスタートしました。まずは放流魚に実績のあるティアロ1.9gオリーブゴールド、1.6g赤金ヤマメ、1.6gオレ金ヤマメを数投しましたが、全く反応がなく、周りを見渡しても全くロッドが曲がっていません。

水面をよく見てみると表層付近にいかにもやる気のなさそうな魚が何匹か見えました。とにかく口を使わせなければ勝負にならないと思った私は、この見えているスレ鱒用に用意してあった自作のスティックルアーを投入する事にしました。サイトで見え鱒の鼻先をゆっくり通すと、どうにかルアーをくわえてくれるといった感じでしたが、これがはまって6匹釣る事ができ1回戦を6-0で勝ち上がりました。

【準決勝】

準決勝は30分、1対1の勝負です。

スタートと同時にそれまで吹いていた風がピタリと止み、いや~な予感がしました。やはり予感は的中し、それまで何とか口を使っていてくれていた自作スティックも全く反応しなくなり、いよいよ追い込まれました。

すると、私の隣の組の方が掛け始めたので、遠目で観察すると、かなりシルエットの小さなスプーンを表層スロー巻きで使用している様でした。

その時、そういえば!?と鮭鱒で現在開発中のスモールスプーンのサンプルを1個持っているのを思い出し、それにかけてみる事にしました。すると、何と第1投、着水と同時にヒット!しましたがフッとテンションがなくなりました。痛恨のラインブレイクです。

やってしまいました。多分、慌てて結んだので結び目が甘かったのだと思います。仕方なくまた自作スティックを結び、何とか終了までに1匹釣り、辛くも1-0で勝ち上がりました。

詳細はこちら⇒

【決勝戦】

いよいよ決勝戦です。ここまで勝ち残った12名の中から、5名がエキスパート戦の出場権利を獲得できます。最後の気力を振り絞り、30分の決勝戦がスタートしました。さすがにここまで残った名手の方達。開始早々からドラグ音が響き渡ります。

私は、しばらく自作スティックを投じていましたが、決勝が始まる前に仲間からシルエットの小さい黒いスプーンがいいと聞いた事を思い出し、手持ちのスプーンの中で最も小さい黒いスプーンにe-hookをセットし、キャストを開始しました。

 すると、ここから3連発という奇跡が起きました。後から聞いた話ですが、この時点でトップタイだったそうです。e-hookは1度乗ってしまえば全くバレる気がしない絶対の自信を持っているフックなので、安心してやり取りができました。

しかし、その3連発でパタッと止まってしまい、残り時間のカウントダウンが始まり、これが最後の1投と放ったラストキャストで再び奇跡がおきました。

カウント15,14~10、ヒット!残り10秒でヒットです。慎重に寄せネットインした時には丁度カウントダウンは終了していました。結果、この最後の1匹で頭一つ抜け出し、トータル4匹で、なんと優勝する事ができました。

 決勝戦を振り返ってみますと、周りの方々の方が間違いなく私より魚を掛けていたと思います。なので、まさか私が勝てるとは思っていなかったのですが、私の後ろで応援してくれていた杉山君達に話を聞くと、皆さん掛けてはいたものの、バラシが多かったそうです。私は、掛けた数は少なかったけれど、e-hookで1匹もバラシがなく、掛けた魚は全てネットイン出来た事が、今日の優勝につながったと思います。

今回はe-hookの完成度の高さに改めて惚れ直した大会となりました。

【e-hook】

詳細はこちら⇒

使用タックル1
ロッド:エイテック ビートリックタイプR60 リール:イグジスト1003
ライン:PE3ポンド リーダー:フロロ0.6号
使用タックル2
ロッド:エイテック ビートリックタイプF60 リール:イグジスト2004
ライン:PE3ポンド リーダー:フロロ0.8ポンド
使用タックル3
ロッド:ダイワ月下美人74S-SVF リール:TD-Z2004C
ライン:フロロ1.5ポンド
使用ルアー
ティアロ1.9g&1.6g 各色、ティアロミニ(仮)、ドーナ、自作スティック