お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

愛媛ドラゴン釣行

皆さん、こんにちは。
フィールドスタッフの高田英和です。

愛媛は、朝晩の気温が一桁台になる日もあり、いよいよ冬が近づいて来ました。
寒くはなってきましたが、寒さを忘れるぐらい楽しませてくれるのが、冬の人気ターゲット「タチウオ」
って事で、今シーズン初のタチウオ釣りに行ってきました。

数年前まではジグで狙われる方が多かったタチウオ釣りですが、近年ではサイズが狙えるテンヤ釣りも大人気。
状況に応じて、ジグとテンヤを使い分ける方が多くなってきました。

釣行当日はタチウオの活性が低く、ジグよりテンヤに反応が良かったので、終日テンヤで勝負!!
ポイントの水深は100m前後なので、アンチョビドラゴンテンヤは40号~50号をセレクト(餌はウルメイワシを使用)。
この日は、当たるレンジもアクションも核心的なパターンはなく、同じアクションは続けず、常にアクションとレンジを変えながら反応を得ていきました。

パターンは掴めなかったものの、スローな誘いが良かったように感じました。
個人的なジグとテンヤの簡単な使いわけですが、タチウオが高活性の場合は、手返し重視でアンチョビジグ、ジグよりサイズを狙いたい場合はアンチョビミサイル、更にドラゴン級を狙いたいorタチウオが低活性の場合はアンチョビドラゴンテンヤといった基準にしています。
これからは数もサイズも狙えるので、タチウオ釣りを始めたい方は、是非、愛媛に遊びに来て下さい。
もちろん、アンチョビジグシリーズとアンチョビドラゴンテンヤをお忘れなく。