お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

汎用性の高い ″レッドスプール″


皆さんこんにちは、レッドスプールフィールドスタッフの横山朋毅です。
今回は四国超後期を何度かに渡ってレポートしたいと思います。
まずは12月15日に地元プロに案内して頂いて、
かなり久し振りになるオカッパリ釣行をして参りました。
廻ったフィールドは合計5ヶ所の野池と、香川県最大のフィールドである府中湖です。
大小さまざまある野池では数釣り、
府中湖では一発40cmアップをキャッチする事が出来ました。
基本的にはどのフィールドもオープンで比較的根掛かりも少ない場所でしたので、
スピニングタックル中心、活躍したのはレッドスプール4lbを用いた、
1/16ozダウンショットリグとレッドスプール2.5lbを用いた1/64ozネコリグになりました。
当日は冷え込みで比較的ボトム付近の反応が良かったので、
軽いネコリグをボトムから浮かせずに扱う為に、
レッドスプールの2.5lbといった細いラインを使用しました。
 
また府中湖でナイスサイズのバスを釣った時に用いたダウンショットリグは、
リーダーが短め(10cm前後)で、これもやはり当日のバスの目線に合わせたセレクトでした。

レッドスプール2.5lbと4lb、
いずれも一度のラインブレイクやライントラブルは無かったのですが、
オカッパリでスピニングタックル1本だけで挑むので、
あればやはりレッドスプール4lbがライトリグ~小型プラグまで使えて、
汎用性が高く、ベターなセレクトだと思います。
 

寒波でかなり冷え込んで来ましたが、
地域によってはまだまだバスは元気で、数釣りも楽しめますね。
香川県でのオカッパリを堪能し、次のフィールドの愛媛県・野村ダムへと向かいました。
野村ダムのレポートは後日書きたいと思います。