お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

マグスカッドパターンでナイスバス

皆さんこんにちは、片岡壮士です。
どんどん春めいてきましたが、
このレポートを書いている現在は寒の戻りで冬を思わせるほどの寒さです。
そんなタイミングではやっぱりマグスカッドパターンに分がありました。
先日も日中は暖かくなったものの風が吹くと寒く、
人間的にも厳しい一日でしたが、
マグスカッドパターンでゲストさんにもナイスバスをゲットしていただけました。

暖かくなるとブレイクブレードや飛鳥を使ったシャローのパターン!
寒くなるとマグスカッドパターン!
というのが最近のガイドでのパターンです。
 

いずれも共通しているのは濁りを探しているということです。
濁っていることでこの時期、特に警戒心の強いメスバスを騙しやすくなります。
あとは水深やストラクチャーに合わせたルアーセレクトをするだけでバスに辿り着けますよ!
みなさんも是非、試してみてくださいね。