お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

ウォブリングの “ 究極の喰わせ ″ が強い味方


皆さん、こんにちは!
JACKALLフィールドスタッフ・琵琶湖ガイドの柴田洋生です。
今年の11月は、ビックリするぐらいに暖かい日が続きましたね!
例年のこの時期なら秋らしくベイトを意識した横の動きが効く時期で、
シャッド系やアラバマ系等がメインとなるのですが、
少しばかり喰いが悪いように感じています。
おそらく、現在の琵琶湖は気温&水温が例年よりも高くウィードが残りすぎていて、
バスがウィードにまだまだ固着しているという事が原因なんですね。
 
そ・こ・で!!!
ここ最近は、そんなウィードにベッタリで浮きづらいバスに対して、
フィネスな釣りをメインに展開をしています。
 
僕が使用しているのは『 ウォブリング2.5″ 』+『 ダウンショットリグ1.8g 』。


琵琶湖南湖4mレンジのウィードトップが50cm~1m程の広範囲な場所で、
ズル引き・ボトムシェイク・リフト&フォールなどをその日の状況に合わせて、
アクションを変えながら攻略しています!
 

気温&水温が下がり、冬に向けてバスが動きだすまでは
ウォブリングの “ 究極の喰わせ ” が強い味方となってくれそうです!!