お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

「冬こそ食欲!」 ダンクルでモンスター狙い


俺達。秦拓馬です。
先日、今年最後の実釣取材へ行ってきました。
全国各地のフィールド何処も彼処も気温&水温は下がってきており、
間もなく冬がやってくる目前のタイミング。
以前から、俺達。的セオリーとして、ビッグバスにターゲットを絞る展開では、
「冬こそ食欲!」とアプローチしているんですが、
それを証明するようにバルキーな “ダンクル7インチ” が大活躍してくれました。
秋は広範囲に散ると言われていたり、
ターンオーバーなんかで釣り辛いタイミングもある。
春になるとスポーンの事で頭がいっぱいになったバスは食ったり食わなかったり…。
でも、冬は食欲を妨げる要素は圧倒的に少ない季節。
体力のあるビッグバスを狙って仕留める為のコンディションが整う絶好のタイミングなのです。
特に、バスがフィーディングを起こしやすい朝夕やローライトな条件では、
バルキーなベイトが活躍、その一つの戦略がダンクルのスイミングというわけです。
日没寸前の30分は一日の中で最も水温が高まった後のローライトなので、
フィールドの生物が最も活発な瞬間。
そんな時にリアクションが…とか言ってる場合じゃありません。
ダンクルでドカンと低水温期のモンスターを仕留めてやってください!