お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

シビアな状況でもウェーバーシュリンプのシルエットは効果絶大!

皆さんこんにちは、フィールドスタッフの大川です。
1週間で水温が2℃低下。
前回の釣行に引き続き、
この日も秋パターンなのか、夏を引きずっているのか探ってみました。
水の状況が良くなく、チャプターのプラという事もあり、
翌日の台風の影響を視野に入れてのエリア選択を行いました。
風裏と水の動きがある場所にエリアを絞った結果、
川の河口部分のみお筋で、ダウンショットリグで1400gを捕ることができました。

ダウンショットリグにはウェーバーシュリンプが欠かせません。
外見がエビそっくりで、
さらに手足のバタバタ感はバスに気付かせる効果が高いような気がします!
 
日時 : 2013年9月14日(土)
場所 : 北浦
水温 : 26度
天気 : 曇り
風   : 南東の風、風速5m
 
【タックルデータ】
■シンカー:DOWN SHOT SINKER 2.7g
■ワーム:ウェバーシュリンプ 3.8″  (グリパン/チャート)
■ROD:ポイズンヘリテージ HS-62L-XS COMPETIST XF