お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

ロボフリックがメインベイトになる予感‼

皆さんこんにちは!早野剛史です。
あと、半月で3月になりますね。
ガイドフィールドの山中湖も3月からガイド開始ということで、
若干ソワソワしながらタックルの準備にも取り掛かっております。
 
そこで今年山中湖で1年を通してメインベイトとなりそうな予感のワームをご紹介します。
それがフリックシェイクROBO‼

私がメインフィールドの一つとしてガイドしている山中湖ですが、
湖の特徴として地形が非常にプアな地形をしており、河口湖の様にあからさまな溶岩や地形変化が少なく、
特に春先はピンスポットやストラクチャー等にはフィーディングや、
枯れウィード等にサスペンド気味に行動していることが多いのです。
そこで毎年活躍しているのが浮力の高いハンドポワード素材のワーム。
今まではストレート系のハンドポワードワームはバリエーションが少ないのが現状でした。
しかし、昨年リリースされたフリックシェイクROBO3.8”4.8”が出た事により、
今までカバーできなかった部分をカバーできるようになりました。
 
枯れウィード(高さ30センチ~50センチ)の高さに合わせて、
ネコリグ、ジグヘッドワッキーのスイミングやロングリーダーのダウンショットをメインに使用しますが、
一番オススメなのはダウンショット!
バスの目線が枯れウィードの高さや枯れウィードの高さより上気味に、
反応しやすい時に非常に有効な選択となります。
ワームの浮力が高いため、
リーダーの長さ分はロングキャストし過ぎなければ、
容易にリーダーの長さ分ワームを漂わせる事が出来るからです。
 
実は昨年のTOP50開幕戦の早明浦ダム戦の試合でもハンドポワードのワームに反応が良く、
春先~秋にかけて反応がいい時はハンドポワード素材のワームの独壇場になったりすることもしばしば。
ここ数年50アップ率も高くなってきている山中湖。

春先以降もアフター~秋の時期にかけては、
ネコリグやジグヘッドワッキーとの相性も非常に良いワームの為、
今年のガイドでのメインベイトになってくれると確信しています。