お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

デッドフィンダーターの季節到来

皆さま、こんにちは!
ジャッカル 琵琶湖ガイドのホンツです。
ジトジトした梅雨シーズンが始まりました!
バス達もスポーニングから回復し、体力も戻ってきた時期。
こうなると梅雨時期のメインベイトはギル。
他のベイトフィッシュよりも動きは鈍く栄養分・ボリュームもあるギルがバス達にとって最高のエサ。
スポーニングを終えて体力を回復させるこの時期のバスの動きはスローで縦ストに着き上下の動きに反応しやすくなります。
そのバス達を攻略するために「デッドフィンダーター」の出番です。

リグは基本的にはノーシンカー。
エリアはエビモが生えてきている2.5mまでのエリアを中心に狙います。
アクションはまずフルキャスト!
ボトムまでフリーで落としその後は2トゥイッチ&フォールでボトムを取り直す。
動作は単純でその繰り返し。
バイトはフォール中やステイの時にコンッ!と手元に伝わったり、急に重さが無くなり、ギューーーン! と、持っていかれるのでしっかりと送り込みフルパワーでフッキングするのみです。
今から、秋の終わりまで使える釣り方ですので、ぜひ試してみてくださいね!
タックルはBPMBC-67MH +
トゥイッチのアクションをさせやすい長さにロッドパワー。しっかりと曲がってくれるのでフッキング時のアングラーへのダメージが少ないロッドです。
ラインはレッドスプールの16lbです。

以上、ジャッカル 琵琶湖ガイドのホンツでした。
アクションなどは百聞は一見に如かず… よかったらガイドも宜しくお願いします。
http://hon-2.com/