お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

メジャーリバーでデラ炸裂!

皆さんこんにちは、水野浩聡です‼︎
連日気温の高い日々が続いていて、春を通り越して夏を思わせるような日も増えてきました。
バスにとって一大イベントであるスポーニングも今は最盛期を迎えていて、それに伴って、陸っぱりで攻めれるエリアにバスが入ってきていているので釣果も上向きなシーズンとなっているはずです。
ビギナーの方や、ファミリーやカップルといった方々にも十分楽しんでいただける季節となって、生まれて初めてバスを釣ったとか、子供に釣ってもらうことができた‼︎なんていう声も度々聞かれます。
さて、そんな中僕は岐阜県のメジャーリバーである五三川や長良川といった河川に陸っぱりに出撃してきました。
スポーニングエリアになりうる、シャローフラットやハードボトムエリア、そして逆ワンド状の地形など、この時期のバスの密度が高くなるエリアをセレクトして、サーチベイトとしてデラボールをキャスト。
五三川では、ハードボトム付近のオーバーハングにスキッピングで滑り込ませてグッドサイズをデラボールでキャッチ。

更に長良川では、逆ワンドの中に存在するカバー際にデラボールを通して50アップをキャッチ。

メジャーリバーの両河川でデラボールによる良い釣りができました。

デラボールを使うキモ

ちょうど天気も良い一日だったので、やはりシャローに上がったバスはカバーやシェードを意識していて、そこを重点的に狙ったのが良かったですね。
デラボールは形状的にもキャストブレがなく、狙ったスポットまで一直線にアプローチできるので、アングラー側が思い描く理想通りのコース取りをすることが可能な上、スキッピング能力も非常に高いので、ベイトタックルで勢いよくサイドハンドキャストをしてロッドを振り抜いてもらうと、勝手に水面を滑っていってくれるくらいスキッピングのしやすいルアーの一つです。
そんなデラボールの持つ長所を最大限に活かしたアプローチは、こういった晴天時のストライクゾーンの狭い時(シェードの面積が狭い時)に特に有効です。
雨や曇りといったローライトコンディションでも、何かしら水中のストラクチャーに絡めて巻いてくるということは物凄く大事なことで、釣果にダイレクトに繋がってくるので、基本的にモノをしっかり絡めたコース取りを心掛けてもらうことが、デラボールで一本キャッチするための秘訣ともいえます。
ルアーが見えるか見えないかぐらいの、水面下15cmくらいのレンジをゆっくり一定に巻いてくると良いですね‼︎
デラシリーズの中でも、このデラボールに関してはサイズをしっかり選んでこれるルアーで、陸っぱりから狙える範囲のバスの密度が一年の中でも最も濃いこの季節は、自身の記録を更新できたりするチャンスも持ち合わせています。
カワイイルックスですが、そのエリアの中でもサイズをしっかり選んでバイトさせることが可能な、野球で言う4番バッター的な存在のデラボール。
ぜひ、このタイミングで投げてみてくださいねっ‼︎
ちなみに、タックルは
・ロッド…ポイズンアドレナ1611M+
・リール…スコーピオンDC 100HG
・ライン…レッドスプール16lb
ラインは極力太いものを使用して、ビッグバスに備えましょう‼︎