お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

春のシャロー攻略にデラボール

こんにちは‼︎水野浩聡です‼︎
4月に入り、25℃オーバーの夏日も記録するなど、すっかり寒さがなくなり人間的にも過ごしやすい毎日が続いています。
バスの一大イベントであるスポーニングも間も無く行われる頃で、水温の上昇と安定とともにシャローへとポジショニングしています。
さて、そんな中効果的なルアーと言えばデラボールなんです‼︎

春本番を迎え、水辺では稚ギルやカエル、ザリガニといった生き物たちが越冬から目を覚まし賑わせている中で、スポーニングに向けて体力をつけているバスがそれらを捕食しています。
野池のショアラインに点在するアシやガマ、ウッドカバー付近にはそういった生き物が多く存在していて、実際にバスも捕食に上がってくる他、バス自身も晴れている日中はそういったカバー周りに身を潜めて体温を温めていたりするんですね。
野池の一等地に潜むビッグバスをしっかりと狙い撃ちできるデラボールは、そのずんぐりとしたシルエットや、ギル、カエル、ヘビといったカラーラインナップがあることから、マッチザベイトという観点でも効果的ですし、野池のような小規模なフィールドであればあるほど、場所に対する執着心があって、テリトリー意識を持ったバスが多く存在します。

また、時期的にスポーニングも絡むので、一年の中でも最もテリトリー意識の高い季節となるのがちょうど今なんですね。
デラボールは形状的に浮き上がりやすいので、野池の遠浅なシャローフラットでもボトムを擦ることなく、水面から水面下50cmくらいをストレスなく引くことができますし、スキッピングやブレない弾道など、キャストも狙った場所に的確に撃ち込んでいきやすいので、限られた立ち位置からキャストしなければならない陸っぱりにおいてはかなりのアドバンテージとなって、守備範囲が強烈に広いスイムベイトです。
使う条件としては、晴れた日の日中はシェードやカバーに必ず絡めたトレースコースを取ってもらうことが重要。
逆に雨や曇り、夕方などのローライトならば、カバーから離れてフラフラしているようなバスも拾っていけるように、1mくらいまでのシャローレンジはくまなくチェックしていくことが多いんですが、その下に沈み物があったりするなど、やはり変化の上や横をしっかり通してあげることがバイトを増やすための秘訣です。
春のビッグバスを取っていくためのシャロー攻略にぜひデラボールを投げてみてくださいね‼︎

タックル:
・ロッド…ポイズンアドレナ1611M+
・リール…スコーピオンDC
・ライン…レッドスプール16ポンド