お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

【 冬の釣り + 春の釣り 】

皆さん、こんにちは!
JACKALLプロスタッフ・琵琶湖ガイドの柴田洋生です。

最強寒波と言われた今年の冬も終わりに近づいてきました。
過去最高級に低すぎた琵琶湖の水温も3度→7℃まで回復上昇、バスは少しずつ春のスポーニングへと意識をし始めているといった状況です。
とはいえ!
まだまだ水中は冬らしくあるので、越冬バスがほとんど。
その中で一足先に目覚めているバスも居る事から、両方の釣りが必要となります。

【 冬の釣り + 春の釣り 】

この2つの攻略法を織り交ぜながらの展開がベストで、ディープ 〜 ミドル 〜 シャロー を幅広くチェックしています!

冬といえばメタルバイブ、僕が愛用しているのは “ ノッキンジョー ”
残りウィード・障害物に居着いている越冬バスに対してより丁寧でタイトに。
リフト&フォールを繰り返してリアクション的アピールで口を使わせています!

そして早春といえば、僕の絶対的自信アイテム “ トリゴン ”
いち早く春を意識し始めたバスを広範囲に手っ取り早くサーチ。
季節先取りの釣りをするだけにとにかくキャスト数を上げる事が大切です!
このように【 冬の釣り + 春の釣り 】の両方を展開して、2つのパターンを組み合わせて季節の変わり目にアジャスト。
その日その日で釣れるルアーが違うので柔軟に対応する事が確立UPに繋がりますね!
季節の進行とともにバスの動きが大きく変わるこれからの時期。
固定概念はできるだけ捨ててバスの動きを的確に読む力が必要となります!
全国のフィールドに、春の足音が聞こえ始めましたよ♪