お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

徐々に秋のポジションへ

皆さんこんにちは。
プロスタッフの早野剛史です。
夏もピークが過ぎて、アングラー的には気候も快適で釣りに行かれている方も多いのではないでしょうか?
さて霞水系の方はというと、8月までは夏のポジションでスクールを組んだり、1級場所に固まっていたイメージでしたが徐々に広範囲にバスが散ってきたイメージになってきました。
9月上旬はまだまだ水温も高くて、巻き物での反応も中々条件を満たさないと反応させるのも難しい印象ですが、9月も下旬に入ってきて水温も25度を切って来て巻き物への反応も徐々に良くなってきました。
具体的には、ドーンブレイクブレードへの反応がこれから更に良くなって来ます。

ガイドでも、北浦方面でスピナーベイトへの反応は良くメインのサーチベイトになる日も多かったです。
シャローにワカサギ等のベイトフィッシュが入っているエリアは更に良く、これから霞ケ浦~北浦まで良くなってくるかと思います。
狙いどころとしては、風の当たっている杭やハードボトムエリアがGOOD!
泳がせるレンジが、ブレイクブレード、ドーン共に巻きスピードで変わる為表層寄りが良いのか?ボトムよりを巻いた方が良いのか?
この判断が、その日に上手くバイトを引き出せるかどうか?のキモになってきますので意識して巻いてみてください。
これから更にシーズンになる霞水系!是非アタックしてみてください!