お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

ブレイクブレードで初夏の琵琶湖攻略

皆さんこんにちは、片岡壮士です。
日々琵琶湖に出撃中ですが、水温はどんどん上昇中しています。
水中は初夏の様相ですが、
バスの状態はエリアによってタイムラグがあり狙う魚の状態によって、
様々なパターンが楽しめるのが今の琵琶湖です。
前回はスーパーダーツホッグのパターンを紹介しましたが、
今回はブレイクブレードのパターンを紹介します。

狙う魚の状態としてはプリのこれからシャローに差してくるバスといわゆる、
アフター、スポーニングを終えてベイトフィッシュを追いかけているバスがターゲットとなります。
狙うエリアは同じですが投げるスポットが少し違います。
プリを狙う場合は岸際やブッシュなどの縦ストラクチャー。
こちらはウィニングスペックを使うのがオススメです。
アフターを狙うのは流れのヨレやそれに絡むウィードで、
こちらは単純にベイトフィッシュが溜まっている場所。
こちらはオリジナルのブレイクブレードの使用がオススメです。
この狙いどころを少し変えることで、
同じルアーでプリとアフターの釣り分けができます。
これは僕が現在ガイドで追いかけているブレイクブレードパターンです。
季節の進行の早い小規模フィールド以外のリバーフィールドや、
リザーバーではまだまだ使えるパターンなので皆さんも是非、
試してみてください!!