お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

初バスのススメ

null
時が経つのは早いもので2009年も今日で半月が過ぎてしまいましたが、今年の初バスはもう釣られましたか?
当サイトにも初バスの釣果報告が連日届いています。
しかし、まだ初バスにお目にかかれていない方も大勢いらっしゃると思いますので、今日は初バスへの近道となるこの時期の最強ルアーをお教えします!
そのルアーとは、ご存じの方も多いかもしれませんが
「TN/60」と「クロステールシャッド」です。
釣れソクでのヒットルアーとしても頻繁に登場するこの2アイテムですが、特に厳寒のこの時期にはその登場の頻度は更に高くなります。
null
まず使い方ですが、TNに関して最も簡単なのはただ巻くだけ。
TNシリーズの特徴である驚異的な根がかりの少なさを活かし、ボトムを時々感じるくらいのスピードで広範囲をサーチします。イメージとしては、水底にお腹をべったりとつけているバスの目の前にルアーを通すように、コースを変え角度を変えて投げ続ける。
更にその際、他と底質が違う場所、例えば「周りは泥底なのにそこだけ固い」「水草(枯れていても可)や落ち葉が引っかかる」「何かが沈んでいる」ところなどを見つければ、
その周辺をより細かく探って見てください。
ジャッカル研究所のバスも低水温で全く動かなくなった場合でも、目の前に通った物にはカラダは動かなくても反射的に口を使うことが多々あります。
null
それでも反応がない場合は、喰わせの切り札・クロステールシャッドの登場です。
リグはドロップショット・スプリットショット・ネコリグなどお好きなもので構いませんが、特にお勧めなのはドロップショットリグ。浮力が高いためポーズ中でも沈むことなくバスの目線の高さでステイさせることが可能です。底質の変化のある場所で出来るだけ移動距離を抑えたアクションで、ネチネチと誘ってみてください。
今年の初バスはこの2アイテムで是非!