お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

夏カバーゲーム到来。RVドリフトクローで撃ち抜け!

皆さんこんにちは、加木屋守です。

7月に入り徐々に夏っぽさが増してきました。夏と言えばバックスライド、ドリフトクローの季節です。今年も各フィールドで釣果が出始めている報告が届いていますが、僕も連日フィールドでカバー撃ちで楽しんでいます。

なぜ、この時期にドリフトクローが良いのか?。

様々な理由がありますが、まずひとつめはエビやカニ、ザリガニを捕食するバスが多くなってくることです。その甲殻類を食うバスの多くが岸際のカバー周りやシェード(日陰)で潜んでいることが多いためバックスライドが有効となります。

ドリフトクラブとドリフトクローの使い分けについてですが、ドリフトクラブはバックスライドワームではないため、サイトフィッシングでカバー付近にいるバスをノーシンカーワッキーで狙う時に使ったり、もしくはリーダーレスダウンショットリグで障害物の濃いスポットを撃つ場合、少し深いレンジの沈み物を探りたい時などはフリーリグで使用したりする時に出番が多いのがドリフトクラブです。

対照的にフワッとしたスローなアクションでカバーの下を狙いたい時にはバックスライドアクションが有効となります。アシの下の凹みや倒木やオーバーハング(張り出した木)の下などドリフトクラブでは狙えない、もしくはスローにアプローチする方が良いスポットではドリフトクローを投入します。

また、カバー直下などにいるバスは基本的に目線が上向いてることが多いため、早く落ちる物をだと見切られてしまうことも少なくないので、対空時間の長いドリフトクローにアドバンテージがあります。

また、撃つカバーに合わせてネイルシンカーをドリフトクローに入れてウェイト調整するのもオススメです。ドリフトクローはかなりスローフォールすることに特化しているバックスライドワームなので、ラインがカバーに垂れ下がった時にうまく落ちて行きにくい場合がありますが、0.9gネイルシンカーをお腹に挿入してあげるだけでしっかりとラインがカバーに垂れ下がってカバーをスライドします。扁平形状なのでネイルシンカーを入れてもしっかりフワッとしたアクションを出せるのもこのドリフトクローの魅力ですので、状況に合わせて調整していただくことでさらに使いやすくなります。

アクションの基本はフォール(落とし込み)です。ラインのたるみを出して、しっかりボトムに着くまで待ち、着底した後に2回ほどしゃくり上げて、着底するまでフォール。この一連の動作をセットとして、それで喰わなければ回収して次のカバーを撃つ様にしています。

 

特に意識して欲しいのが、撃った後にラインを張らずラインスラックを作ることで、張りすぎてしまうと上手くバックスライドしません。また、弛ませすぎると魚のアタリが取りにくいため、張らず緩めずで調整して下さい。水深が深くどんどんフォールしていくようなら追加でラインを手でだします。この辺りはマーモチャンネルでもしっかり解説させてもらっていますので、是非ご覧下さい!。

 

皆さんも夏本番のカバーゲームを楽しんで下さいね。