お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

冬の亀山ダムはニジマスにつくビッグバス狙いが面白い

皆さん、こんにちは。川島勉です。

 

2021年になり、暦通りに冷え込む日々は続いています。

ホームレイクの亀山ダムでは、毎年恒例となっているニジマスの放流が行われ、それを捕食するデカバス狙いに期待が高まる時期になりました。

 

このタイミングのビッグバス狙いで意識したいのは岸からなだらかに落ちて行くバンクやシャローフラット、岬などのニジマスの回遊とバスの捕食スポットが重なるエリアです。

使用ルアーは放流されたニジマスに近いシルエットのブラストボーン SF、躱マイキー、スリークマイキー、ポニーテール。ボリューム感のあるルアーを狙うスポットやレンジ、アクションで使い分けます。

 

具体的には、

1)ブラストボーンは連続トゥイッチアンドポーズ。左右に頭を振らせることで、バスを浮かせてくるイメージで使ってみてください。

 

2)カワシマイキー、スリークマイキー、ポニーテールはただ巻き。

この3つのルアーはカバー/狙う水深/アクションでローテーションすることで使い分けます。

 

濁りの中やカバーなど根がかりの多いところではカワシマイキー。(潜行深度約1m)

クリアでオープンエリアならスリークマイキー。(潜行深度約1.5m)

更に深い水深を狙いならポニーテール(潜行深度約3m)。

 

更に深い水深を狙う場合は躱マイキーのフロントフックを外し、

7g以上のシンカーを装着してシンキングにしてしまいます。

そうすることによってかなり深いところまでカバーできるようになります。

 

年間を通して最低水温になるこの時期ですが、釣果ゼロを恐れずにデカバス狙いたいですね。