お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

寒くなるほど強くなる。それがジャークベイトゲーム!

皆さんこんにちは!西川慧です。

 

年末になり全国各地を襲う寒波で一気にカレンダーどおりの機構となってきました。ここ最近も朝晩も冷え込みが強くなり、朝夕の気温が一桁台でときにはマイナスになることも多くなってきました。

 

水の中はこの朝晩の冷え込みにより水中でも少しずつ水温が下がってきており、広範囲に散っていたバスが徐々に冬のエリアに固まってきています。

 

そんな状況で私がこの時期に多用するルアーがジャークベイト。

朝晩は冷え込むものの、日中は表層付近の水が太陽光で暖められることでバスは湖底の冷たい水よりも、暖められた水を求めて中層にサスペンドする状況が多くなるのがこの時期のセオリーです。

 

その中層にサスペンドするバスを攻略する為に、リレンジとRVミノーを状況に応じて使い分けるのが私流の使い方です。

具体的な使い分けとして、リレンジは形状が角張っていることや、側面が平たくなっていることで水を押す力が強い。強風時や濁った状況、広範囲から魚を探す場合で使用します。

かたや。RVミノーは逆に角が無く、丸っこい形状をしていることで水を逃がすため、無風やクリアウォーター、プレッシャーの高い場所で使用します。

 

動かし方は2ジャーク1ポーズが基本。ポーズの時間は暖かければ1秒〜2秒、低水温になればなるほど長めにして追わせる間を作ってあげましょう。

応用編として、1キャストの中でジャークの回数やポーズの時間などを工夫することで、追ってくるだけのバスやスレたバスに対しても動きの変化で見切らにくくなりますよ。

 

晩秋〜春の季節は難しい時期でもありますが、ぜひリレンジとRV-ミノーを使い分けてバスを狙ってみてください。

 

RVミノー用

ロッド Revoltage RV-C63ML

ライン レッドスプール12lb

 

リレンジ用

ロッド Revoltage RV-C66M

ライン レッドスプール12lb