お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

秋の霞ヶ浦水系は良い水探し。

 

皆さん、こんにちは。馬場拓也です。

10月に入り朝夕は冷えるようになりました。霞ヶ浦水系も雨の影響もあり水温は一気に20度台前半にまで下がっています。

 

水温や状況の変化が季節相応に追いついて変化しているのですが、湖の中から水の良いエリアを探すのも一苦労。良いエリアでは巻いて獲れていますが、そうで無いエリアではバックスライド等のノーシンカーで絞りだすのが定番です。

ROD:BPM BP-C70M+ST

REEL:アルデバランBFSXG (SHIMANO)

LINE: レッドスプールレグナム14lb

LURE: リズムワグ4.5 カスミテナガ

*オフセット 3/0

 

そして水温が下がってきたら、今年もビッグベイトのシーズンが到来します!

昨年末から今年の春にかけてはボラパターンが絶好調で、ビッグベイトが良く釣れていました。

そんな岸からのビッグベイトパターンに対応すべく、2020年JACKALLから新作ビッグベイト「ブラストボーン」が発売します。リップ付きのジョイント構造で、ドッグウォーク系の移動距離を抑えたアクションが得意なルアーです。

実はこのアクションは冬のボラパターンだけでなく、カバーにプリスポーンの浮く春、縦ストやシェードに浮く夏、大き目のベイトを捕食する秋と、全ての季節にマッチするビッグバスキラーなのです。

実際にテスト段階でも釣りにくい夏から秋の季節の変わり目に、陸っぱり、ボートから良い魚を反応させる事ができました。

ROD:BPM BC611H-SB

REEL:アンタレス(SHIMANO)

LINE:レッドスプール24lb

LURE:ブラストボーンSF

 

僕が使った感覚だと、ロッドはBPMのBC611H-SBがオススメです。

50.5gだからという単純な理由も有りますが、SBモデルの粘る感じのブランクスが投げる時の安心感と、バイトを弾かなく、掛けた後もバラしにくい所が気に入っています。

霞水系でのビッグベイトゲームが好きな方も、未経験の方も、是非今年発売のブラストボーンの威力を実感していただきたいです。