お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

秋の遠賀川を攻略する、攻めの2手

皆さん、こんにちは!村上祥悟です。

いよいよ秋突入という事で僕のホームである遠賀川での秋をご紹介しようと思います。つい最近もBBTIMEの撮影で遠賀川に行ってきたのですが、水中はかなり秋でした。水温が下がりバスが広範囲に散っている印象でしたね。

となると、やりたいのは巻き物の秋ですが、そこは天候に左右されるとこでもあります。例えば、今回のロケは2日間とも晴天無風の天気で、巻き物が機能したのは朝夕のマズメや日中でも風が吹いたタイミングでした。

秋の遠賀川でおススメの巻き物はスピナベ、クランク、ブレードジグ、バイブレーションと色々あるのですが、最近は特にブロックリッパーが好調で、ロケでも夕方の短時間にグッドサイズが連発でした。小粒でタイトピッチなブロックリッパーは、狭いスポットからでも複数のバスを水揚げすることが可能なクランクで、特に遠賀川はブロックリッパーが得意とする石積みや消波ブロックが多いので、ストラクチャーの水深に合わせてSRとMRを使い分けてもらうといいでしょう。

そして、もう一つオススメしたい釣りは、巻き物が機能しづらいようなタフタイムに試して欲しい「フリックシェイクのネコリグ」を使った護岸撃ちです。遠賀川下流域には延々と護岸が続くシチュエーションがあり、太陽の角度から生まれるシェードを意識しながら護岸際を回遊するバスを狙います。タフな時間にその手のバスを狙うのに手返しよく確実に食わせる事が出来るのがフリックのネコリグ。真っ直ぐ素早く落ちて、着底した時に発生するフリック独特の曲がったボディからなる振動は他にはない強みといえるでしょう。

使い方は、護岸際にフリックを投げて落とす…これだけです。キモはとにかく手返しよくキャスト数を増やす事で、そのために使うシンカーの重さは、スピニングなら1.3g~1.8gで、ベイトフィネスなら1.8g~2.7gのストンと落とせるウエイトを使うようにしています。ロケの時はタフタイム時にこの釣りを投入してグッドサイズを連発することが出来ました!

という事で、秋のバス釣りは「攻めの巻き物」と「攻めのスローダウン」を上手く織り交ぜながらやってみて下さいね!