COLUMN

進化したTN ーTRIGON(トリゴン)ー

発売から15年以上経過しても、色褪せることなく今も第一陣で活躍するバイブレーションプラグ「TN」

メインウェイトをボディの外側に配置するアウトメタルシステム(O.M.S)

この独創的なアイデアを、更に遠く、より深くにストレス無くルアーを届かせることを目標に開発されたのが2016年冬に発売されたTNトリゴンです。

今年も既にTNトリゴンシリーズでの釣果も挙がり始めており、特にこの時期から春にかけては大変有効なルアーとなりますので、改めてこのルアーの特性をご紹介します。

 

圧倒的飛距離

普通に投げても4〜50mはラクに到達。ロングキャストが得意なアングラーだと90m近くキャスト可能。

足場が限られる陸っぱりでは今まで届かなかった場所に届くことで、ノープレッシャーの魚に近づくことが可能です。

【TN/TRIGON キャスティングテスト】

 

スピード

圧倒的飛距離の副産物として沈下スピードもこれまでのTNシリーズにはなかったメリット。

TN70で快適にリトリーブ出来るレンジは約2.5m前後の水深だが、TN70 トリゴンは約4~5mのレンジでも快適にリトリーブ可能に。

このレンジを横に探るにはディープクランクが定番ですが、最大潜行深度に達するまでには長い距離が必要となり、巻き抵抗もかなりのものになります。更に近年のトーナメントシーンではドラッキング距離も制限されています。

トリゴンなら着水点から足元までディープレンジをトレース可能です。

 

冬を攻める

ヘッドにウェイトが集中する為、メタルバイブに近い使用感で高速リフト&フォールが可能。更にメタルバイブでは不可能なサウンド効果も期待できます。

アイテム TN50 TN60 TN70
TN トリゴン 11.2g 18.5g 31.5g
TN オリジナル 9.0g 12.7g 18.0g

 

 

通常、ハードプラグにこれほどの重量を乗せるとルアーの動きがタイトになってしまうものですが、ボディから離した箇所に重点を置くことでアクションを大きくすることを可能としました。

これにより遠距離&ディ-プでもしっかりと竿先にルアーアクションが伝わるように。

 

プロスタッフ考案のカラー展開

更にトリゴンシリーズは、ジャッカルが誇るプロスタッフの意見を参考にしたカラーを展開しております。

加藤誠司考案


秦拓馬考案

川島勉考案

平村尚也考案

是非トリゴンで、異次元の釣りをご体感下さい。

【TN/TRIGON 解説動画】

<< >>