お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

エリアフィッシングの醍醐味

こんにちは井上です。

先日、静岡県の西部にある、ルアースポットシマゴンさんにお邪魔してきました。

今回シマゴンさんに訪れるのは三回目になりますが、最初から良い印象だったこともあり、日常の合間に時間をなんとか見つけて今回釣行する運びとなりました。

水質はマッディで、水深は深いところでも2m程度と比較的小さい規模のエリアですが、魚の密度が濃いので、新しいメソッドを試したり、得意な釣りの習熟度を高めるにはうってつけの釣り場です。

朝の気温は8度と暖かい朝となりましたが、静岡の西部名物の風が体感温度を下げ、真冬並みの装備が必要でした。

朝はまず、ティアロ1.6g鉄板北関東でサーチ。
表層から中層でアタリはありますが、なかなかバイトに至らず、ポツポツとキャッチしました。

釣りのパターンがズレているのは明らかだったので、まだシルエットは落とさず、ティアロ1.3gにウエイトを落としてスピードを落としてみると少し改善されて、釣れるペースが上がりました。

が、良く釣れる釣り場では釣れるパターンを更に上を行く釣れるパターンがあることが多く、ご一緒したエキスパートの方と答え合わせをしながらパターンを更に詰めて行きます。

スピード、シルエット、カラー、フック、ルアーを通すコース…など、私がこの日出したベストなスプーンはチビティアロ1g !笑

0.8gでは微妙…1.2gも微妙…やはり1gが絶対みたいで試しに戻すと釣れません(笑)

パズルを解くようなこういう作業こそエリアフィッシングの醍醐味ですね!
良く釣れる釣り場ですが、ちゃんと合わさないと釣れないので集中しないと連発はありません。

ちなみに、カラーはダイゴマイト2 が一番で、ダイゴマイトマッディ、グリーンヤマメ、オモテ梨辺りのマッディ定番カラーは間違いなかったです。

春が近づくにつれてエリアの状況はどんどん良くなっていくはずですので、皆様も是非エリアに足を運んでみて下さいね。