お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

中津カップ第2戦(矢島俊介)

こんにちは、フィールドスタッフの矢島です。
今回は神奈川県にありますフィッシングフィールド中津川さんで行われました中津カップ第2戦に出場してきましたのでレポートさせて頂きます!

まず1戦目を終えて悔しさ残る結果でしたので中津川さんを勉強しなければと思いプラにも入りました。
大会当日は寒波の影響でとても寒く曇りで一日中寒い日でした。

前回は放流ラウンドを2回とも敗戦してしまいましたが今回はアピード2.3gで手返しよく釣って行き、落ち着いてからはティアロ1.9gを遠投し対岸近くの活性の高い魚を釣ることが出来、ティアロ新色のダイゴシークレットグリーン1.6gで中活性の魚を釣って行きプラ通りの幸先のいいスタートがきれました!

2戦目〜5戦目までは放流はないので徐々に渋い展開に。

ダートラン、クロボールを軸にボトムメインで試合を進めて行きましたが藻があるため藻の上をリフト&フォールさせたり跳ね上げさせたりと試行錯誤しながらの釣りになりました。
リズムの間だったり跳ね上げの幅を試合中に調整出来ずストロングな釣りが中々出来ず、1戦目と同じく勝ち星を積み上げることが出来ず悔しい結果となってしまいました。

まだまだ課題が残る中津カップでしたが次戦も1勝でも多く勝ち星をあげたいと思います!

アフターではティモン新製品のちびダートランを使ってみました。

オリジナルのダートランでは自重が3.4gと重いため藻に潜る前にアクションさせようとするとリフト&フォールのリズムを早くしないと藻に潜ってしまいますが、ちびダートランは2.5gと軽いためフォールも少しゆっくりで魚に長く見せることができてシルエットも小さいので大会後のプレッシャーのかかった中でもしっかり魚の反応を得ることが出来ました。

ちびシリーズはただシルエットが小さくなった訳ではなくオリジナルの大きさとの動きの差がありますし釣り場さんによっても多彩な使い方が出来ると思います。
僕ももっと使い込んでみたいと思います。

【ちびダートラン 水中アクション動画】

中津カップに参加された皆様、フィッシングフィールド中津川様、運営してくださった皆様ありがとうございました!

使用タックル
T- connection 60L ester
ナイロン2.5lb
アピード2.3g
ティアロ 1.6g 1.9g

T- connection 60L ST
エステル0.4号
ティアロ1.6g
T-グラベル 1.7g 2.0g

T- connection 62M
PE0.2号
ダートラン
クロボール
クロボールメタル