お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

トップ50桧原湖戦プリプラクティス前半(横山朋毅編)

皆さんこんにちは、フィールドスタッフの横山朋毅です。
トップ50第4戦に向けて福島県は裏磐梯にある桧原湖にプリプラクティスの為に入っています。
桧原湖は言わずと知れたスモールマウスレイク。
そのスモールマウスですが近年特にアベレージサイズがグングンと上がっていて、なおかつスーパーキッカーとなるラージマウスを混ぜて5本・4kgオーバーも珍しくなくなっています。

しかし今年の桧原湖は激ムズとの噂。覚悟の上でプリプラを開始しました。
夏から秋のパターンに移行するこの時期、メインターゲットとなるのはベイトフィッシュとなるワカサギを補食しているスモールマウスなのですが、これがやはり例年よりかなりシブい……
ワンスポット1匹ペースで、なかなか連発してくれません。
それでも釣れてくれれば例年にも増してグッドサイズばかり!!

メインとなっているダウンショットにはレッドスプール最細番手の2lbを使用していますが、700~キロクラスのスモールマウスのボート際での激しい突っ込みにも耐えてくれ、スリリングな中にも安心感を持ってやり取りが出来ています。
俊敏なスモールマウスと闘うのに必要不可欠なのはこのほんの僅かなラインの「粘り」で、これが無いライトラインはひと突っ込みで簡単にブレイク、もしくは口に刺さったフックの「身切れ」を起こしてしまい、せっかく寄せたビッグスモールをあと一息の所でバラしてしまいます。
ロッド・リール・フック・そしてスモール戦において最重要となるラインとタックルセッティングを煮詰め、難しいながらも今現在の桧原湖スモールを追いかけていったプリプラ前半戦。
もちろん魚探掛けもしっかりバッチリ行います。
しかし、晴れた日の桧原湖からの磐梯山の眺めは最高ですね!!

次回レポートはプリプラ後半戦。
季節の移行を念頭に置き試合本番を見据えた釣り、そして避けて通れないラージマウスパターンの模索を行っていきたいと思います。
それでは。