お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

チャンクローのライトカバー攻略が好調です

皆さんこんにちは。
プロスタッフの早野剛史です。
5月に入り、釣りのシーズンも本格的にシーズンインしたアングラーの方も多いのではないでしょうか?
私の方は、引っ越しの片づけもひと段落してガイドで連日霞水系へ出撃しています。
霞水系の水中の季節感は、スポーニング前後のコンディションからまだまだプリスポーンの個体まで幅広く釣れている状況で、今回は流入河川エリアでのチャンクローのカバー撃ちをご紹介。
この時期、産卵を終えた個体やスポーニング前後の魚も含めて多くのバスが流入河川に集まる時期でもあります。
その反面、人間社会は田んぼの田植え等農業がスタートする時期でもあります。その為、慢性的に「濁り」が入っているのが特徴です。
また、シーズン的にもバスのバイトが浅い事が多く
・素材が適度に柔い事
・適度なアピール力がある事
ライトカバーという条件下で、チャンクロー3.5”のライトテキサスリグが好調を維持しています。

カラーは、ブラックブルーやグリパンチャート等ハイアピール系のカラーが好反応です。

濁りがあるエリアでは、こういったカラーが神カラーになります!

派手すぎて敬遠される方も多いようなのですが、一度そのパワーを体験するとマッディウォーターでは外せないカラーとなります。
是非使った事の無い方はこの機会に是非使ってみてください。