お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

片岡壮士が選ぶ、7月のビッグレイクセレクト

みなさんこんにちわ、片岡壮士です。
今回は7月の琵琶湖における「そ~しセレクト」を紹介したいと思います。
今年の琵琶湖は去年に比べてウィードが多いので、
ウィード攻略が釣果をのばすためのキーとなります。
 
1)ブレイクブレードのシャロー攻略

ロッド:Nero NC-70MH
ルアー:ブレイクブレード+アイシャッドテール4.8″
ライン:レッドスプール14lb
シャローにあるウィードを確認しながら、その際をトレースすると、
ウィードの影に隠れているバスが「ドカンッ!」と飛び出てきます。
 
2)ゼノバズのヒシモ攻め

ロッド:Nero NC-72H
ルアー:ゼノバズ ノーシンカー
ライン:レッドスプール16lb以上 or PE50lb以上
ゼノバズはシャローエリアにあるヒシモの上をノーシンカーで狙います。
また、隙間を引いても抜群のアピール力でリアクションバイトを誘発してくれます。
バイトのあとはしっかりと送り込んでからフルパワーフッキングすることが重要です。
 
3)フリックシェイク9.8″でのビッグバス攻略

ロッド:Nero NC-72H
ルアー:フリックシェイク9.8″
ライン:レッドスプール16lb
暑くなり多くのバスが沖のメインチャンネルに集まりだすと活躍します。
昨年、67cmのモンスターをキャッチしたのもフリックシェイク9.8″でしたが、
ネコリグかテキサスリグでの使用をオススメします。
狙うスポットとしてはメインチャンネルの深いところにあるハードボトムやウィードエリアで、
そこに上から落としてフォール~着底~ロングステイで食わせるイメージです。
 
フリックシェイク9.8”を使用した過去の片岡プロ実釣、解説動画は以下よりご覧ください。
 
この3つのタックルで今年の夏の琵琶湖を満喫してください。