お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

バスマスターマガジンの取材を受けました。

みなさんこんにちは!
現在は霞ヶ浦、そう、オールスターのプラクティスに来ています。
でも、あいにくの台風によりなんと暴風雨。オトナの判断で今日は出撃を見合わせました。
それにしても風がハンパじゃないですね。JR線も止まってるみたいだし、
ある意味この前の桧原の時より風が強いぐらいです。
せっかく徹夜で走ってきたのにトホホなオールスターウィークの始まりとなってしまいました。

20091027-10.21onosan.jpg
さて、先週はバスマスターマガジンの取材を受けていました。
そう、全世界での発行部数50万部を超えるアメリカB.A.S.S.の機関誌の取材です。
当日は驚愕のビッグバスが釣れ、日本よりむしろ、アメリカのほうで大騒ぎになっている
世界でいま最も注目されている琵琶湖で2日間を過ごしました。

僕自身アメリカの色んなレイクで釣りをしていますが、
やはり今のびわ湖のクォリティーはトップレベルにあるといえます。
20年前にビッグバスで話題だったテキサスのレイクフォークでも何度も釣りをしていますが、
正直そんなフォークより今の琵琶湖のほうが、ずっとポテンシャルが高いぐらいです。
20091027-10.21je-musu.jpg
もちろんそんな琵琶湖をアメリカの編集者もしっかりとチェックして
やっぱりその凄さに感動してくれてました。
この模様はいずれバスマスターマガジンやWEBで紹介されると思うので、
いよいよ来年には全世界から琵琶湖にバスアングラーが集まってくるようになるかもしれませんよ!!
いまや世界でも大注目の琵琶湖。これからも僕たちの手で大切にしていきたいですね。

20091027-hata_bass1.jpg
ところで、今回は同時に日本の最先端のテクニックについても取材を受けました。
今、全米で話題のフリックシェイクはもちろんのこと、新機軸i字形テクニック、
セイラミノーやアイシャッドなど、アメリカ人もかなり食いついていましたよ。
フィールドだけでなくテクニック面でも「メイドイン・ジャパン」は注目されているのです。

というわけで、今日からプラクティスを本格的にスタートさせます。
全力で頑張るのでぜひ応援してください!