お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

チャンクローのカバーセッティング法

皆さんこんにちは、ジャッカルプロスタッフの早野剛史です。
霞水系で釣りしているとチャンクローのフックセッティングを聞かれる事が多いので、
この場をお借りしてご紹介したいと思います。
今回は、「カバーでのセッティング」。
アクションやパーツの可動域を最大限に動かす為、
ワームの素材としては柔めに設定されているチャンクロー。
もちろんその「柔さ」があるからこそのアクションも有るのですが、
その反面カバーへテキサス等で入れるとフックが露出しやすいデメリットも有ります。
しかし、少しフックセットを変えるだけでフックが露出しなくなります。
 

(通常セッティング例)
通常は一回フックを貫通させてフックポイントを隠すセッティングが一般的ですね。
 

(カバーセッティング例)
上記のセッティングは、
一回も貫通させずフックポイントを完全に隠すことでカバーでフックが露出する頻度は激減。
タイトなアクションはそのままにカバーでストレスなく使用する事が出来ます。
オカッパリしていると、何種類もワームを持ち歩いてないことも多い私ですが、
フックのセット法を変えるだけでも釣果が変わってくるので是非試してみて下さいね。