お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

檜原湖のジグパターンのラインセレクト

皆さんこんにちは。
プロスタッフの早野剛史です。
「ジグに使用するライン」について最近よく質問を受けるので
ジグパターンのラインセレクトについてご紹介いたします。
私がスモールマウスのジグパターンで(カバーフィッシング以外)使用しているのが、
レッドスプールの8lbと10lb。
 
フラットエリア等細かい岩等が沈んでいる程度の場所はレッドスプールの8lb。
岸際のバンクで倒木や沈んでいる枝などが絡みやすい場所は10lb、という使い分けをします。

また秋など水深が10メートルよりも深い水深をメインに探る場合は、
ラインの抵抗が少なくてしっかり落とし込みやすい8lbをフラット、
バンク共に使用する事も有りますので適正なラインセレクトでジグの釣りを楽しんでみて下さい。
またフラット、バンクどちらも兼用の場合はガイドでも10lbをオススメしていますので、
初めての方は10lbからスタートして頂ければ間違いないと思います。